« 24期スタディ応用実践コース 第13回 | トップページ | 24期スタディ応用実践コース 第16回・修了式 »

24期スタディ応用実践コース 第14回

応用実践 第14回 1月22日(火) 午前

園芸実習20  春先の園芸作業
講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

乾燥した晴天が続きます

気温が低く、不安定なこの時期は植物の栽培環境に注意が必要

室内の鉢物(シクラメン、ラン類、観葉植物等)は
   急に直射日光に当てない様に(*゚▽゚)ノ

屋外での園芸作業
   補植、花ガラ取り、追肥、除草
   用土、肥料、古土、鉢の管理
   宿根草の株分け、春植え球根、タネの準備

 畑で…
  畑の整地作業中
  見違える様に美しくなりました

2019122_5_2    

  ルッコラ、茎ブロッコリー、なばな 収穫

記: 向井 

 

14回 122

 

クラフト加工実習4-『タマネギ染め・芝坊や』

 

講師:田渕清美(アトリエclover主催、JHTSコーディネーター、園芸療法学会登録園芸療法士)

 

 

 

室内で活動することが多い季節でも植物を使いできる園芸活動として

 

芝坊や作りと玉ねぎの皮を使った染めものを学びました。

 

芝坊やは靴下で作った顔から芝の芽が伸びていく様子を楽しみに育てることができます。 

 

1548239662255

 

室温が高ければ冬でも実施でき、屋内にこもりがちになる季節に

 

一足早く春の若葉の成長を実感できるプログラムとして 好評です。

 

それぞれに工夫を凝らした模様ができあがりました。

 

また、身近な玉ねぎの皮をお鍋で煮出して、染液を作り、ビー玉や輪ゴムなどを使って 

 

1548239652787

 

模様染めに挑戦!

 

スタディ生にとって、ちょっとしたブレイクタイムになったようです。

 

福祉施設にお勤めの聴講にいらした方々もぜひご自身の施設でやってみたいと話していました。

122

記: 山田

 

 

« 24期スタディ応用実践コース 第13回 | トップページ | 24期スタディ応用実践コース 第16回・修了式 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。