« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

24期スタディ応用実践コース 第3回

応用実践 第3回 9月25日(火) 午前

園芸実習12  秋冬野菜の育て方 2
講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

耐寒性の強い「葉もの野菜」は、間引きしながら
「つまみ菜」として利用出来、冬中収穫出来る種類もあります。

実習  今にも降り出しそうな空模様の中

budチンゲンサイ、野沢菜、サラダほうれん草…すじ播き
Img_6881
budな花 …5~6粒 点播き

budスティックセニョール …苗を植えました。
Img_6883


bud先週 播いた大根 …発芽しました。
Img_6882


bud大根・小かぶ …間引き

budモロヘイヤ …最後の収穫


pencil記: 向井



応用実践 第3回 9月25日(火) 午後

社会福祉関係講座3-『コミュニケーション』
講師:薄羽美江 先生 (株式会社MC Planning代表取締役

国内外の企業の人材開発やコミュニケーションデザイン、
ブランドデザインなどを手掛ける薄羽美江先生をお招きして、
人との関わりについて学びました。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Photo_2




目的を持ち、それを成功に導くためには、適切なコミュニケーションが
とれることは、大切な鍵になります。flair

「あなたは園芸の知識、技能を使って、何を生み出そうとしていますか?」
との問いかけは目的を明確にし、学んでいる意味を考える時間にもなりました。

いくつものワークを通して、一人一人が様々な特徴を持ち、
力をあることをあらためて実感できました。

一人一人の持つ力を合わせることは楽しく、それこそが成功に繋がります。
みなさんの子供に戻ったような笑顔と、活気に満ちた話し合いで、
どのワークも大成功でした。happy01
Photo




それぞれの特徴を活かすこと、相手の自尊心を傷つけないこと、
大切なことを学びました。heart

pencil記: 山田

24期スタディ応用実践コース 第2回

応用実践  第2回 9月18日(火)

園芸実習11 秋冬野菜の育て方
講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

猛暑一段落、作業日和sun

秋冬野菜は…
   低温なので病害虫の発生が少なく
   長く収穫出来る種類が多く、作りやすい。

実習

 ①ダイコンの種播き
  畑に…深く耕した畝に、1ヶ所5粒 点播きしました。
      (青首総太り大根、赤大根もみじ)
Img_6862

  土袋に…土を2/3入れ、排水用の穴を開け、
  3粒点播きしました。
  (青首総太り大根)Fullsizer_2

 ②四季まき 小かぶ…すじ播き
Img_6866

 ③サツマイモ  つる返し
Img_6854

 ④ささげ、モロヘイヤ、青じそ…収穫
Img_6869


pencil記: 向井

24期スタディ応用実践コース 第1回

応用実践  第一回 9月8日(土)

医療リハビリテーション関係講座1-『医学概論・精神医学・解剖学』

講師: 髙江洲義英 先生
           医療法人和泉会いずみ病院理事長 日本園芸療法学会理事
           日本芸術療法学会理事、当会顧問

Photo_4スタディコース後期 実践応用編の初日は土曜日。
当会顧問で、日本園芸療法学会、日本芸術療法学会の理事でもある、
高江洲先生は、毎年この講座の為に沖縄から来てくださいます。airplane

まずは、精神医学概論、初めて聞く方には難しい内容ですが、
心を病む方々の治療にあたっている経験を交えて、
                  わかりやすく、お話しくださいました。

「人間は孤独の中にあっても、他者と共に歩む光を求めている。」
心に残る言葉です。heart

心の病をもつ人方の治療は病院での長期療養から退院後のサポートが必要です
医者をはじめとする多職種が連携し
共通の言語をもつことの大切さを教わりました。○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

医学用語は初めて知る人には難しいけれども、正確に伝えるためには
必要不可欠だとも感じました。book

後半はスライドを見ながら、いずみ病院の様子を見せていただきました。

いずみ病院は沖縄にある精神科の病院です。hospital
緑豊かな環境を整え、院内にもさまざまな絵や植物・・・
患者さんだけでなく、同法人が運営する福祉施設に入所されている
お年寄りも、心安らかにいられるだろうと感じます。clover

。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

誰もが心を開いてしまう、先生の笑顔、お人柄に
引き込まれました。ありがとうございました。m(_ _)m

pencil記:山田

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »