« 24期スタディ応用実践コース 第2回 | トップページ | 24期スタディ応用実践コース 第6回 »

24期スタディ応用実践コース 第3回

応用実践 第3回 9月25日(火) 午前

園芸実習12  秋冬野菜の育て方 2
講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

耐寒性の強い「葉もの野菜」は、間引きしながら
「つまみ菜」として利用出来、冬中収穫出来る種類もあります。

実習  今にも降り出しそうな空模様の中

budチンゲンサイ、野沢菜、サラダほうれん草…すじ播き
Img_6881
budな花 …5~6粒 点播き

budスティックセニョール …苗を植えました。
Img_6883


bud先週 播いた大根 …発芽しました。
Img_6882


bud大根・小かぶ …間引き

budモロヘイヤ …最後の収穫


pencil記: 向井



応用実践 第3回 9月25日(火) 午後

社会福祉関係講座3-『コミュニケーション』
講師:薄羽美江 先生 (株式会社MC Planning代表取締役

国内外の企業の人材開発やコミュニケーションデザイン、
ブランドデザインなどを手掛ける薄羽美江先生をお招きして、
人との関わりについて学びました。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Photo_2




目的を持ち、それを成功に導くためには、適切なコミュニケーションが
とれることは、大切な鍵になります。flair

「あなたは園芸の知識、技能を使って、何を生み出そうとしていますか?」
との問いかけは目的を明確にし、学んでいる意味を考える時間にもなりました。

いくつものワークを通して、一人一人が様々な特徴を持ち、
力をあることをあらためて実感できました。

一人一人の持つ力を合わせることは楽しく、それこそが成功に繋がります。
みなさんの子供に戻ったような笑顔と、活気に満ちた話し合いで、
どのワークも大成功でした。happy01
Photo




それぞれの特徴を活かすこと、相手の自尊心を傷つけないこと、
大切なことを学びました。heart

pencil記: 山田

« 24期スタディ応用実践コース 第2回 | トップページ | 24期スタディ応用実践コース 第6回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 24期スタディ応用実践コース 第2回 | トップページ | 24期スタディ応用実践コース 第6回 »