« 24期スタディ基礎コース 第13回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第15回 »

24期スタディ基礎コース 第14回

8月7日(火)

午前 園芸実習10 土の再生
講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

基礎園芸コース最終日
 台風が関東地方に接近中typhoon、霧雨があがり、束の間の作業日和にsun

古土の改善方法flair

腐葉土等を加え、通気性・排水性を改善する。
熱湯・日光で殺菌消毒する。
石灰を混ぜて、弱酸性に調整する。

実習  生ゴミから堆肥を作る。♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

①持ち寄った生ゴミ(玉葱、柑橘系の皮はNG)を
 細かく切って米ぬかをまぶす。Img_6784

②牛乳パックに古土を1/4入れ、①の生ゴミ、
 隙間に古土を入れ、きっちりふたをして、ガムテープで止める。Img_6800

③夏は1ヵ月、冬は2~3ヵ月、日陰に置いて熟成させる。

☆出来た堆肥は古土に混ぜて、1~2ヵ月置いて使う。


畑で…

・三寸人参…追い播きImg_6793

・ささげ  …収穫Img_6788

・ミニトマト…芽欠き、誘引、収穫Img_6789
・モロヘイヤ、バジル、青ジソ…収穫

pencil記: 向井

午後 社会福祉関連講座1 ボランティア論
講師:枝見太朗(一般社団法人富士福祉事業団)

スタディコースの前半最後の講義は枝見先生に「ボランティア活動の基本とNPO」という
タイトルでお話しいただきました。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


1995年阪神淡路大震災が日本のボランティア元年と言われます。bud

大きな災害で、ボランティアは大きな役割を果たしました。

その後、行政もボランティア活動推進の取り組みをはじめました。

枝見先生は、ボランティアは行政の下請けとして低コストで働くものではなく、
社会変革の旗手なのだとその必要性を話されました。

2020年東京オリンピック・パラレンピックのボランティアの役割、メリットなどのエピソードは
現実的でワクワクする内容でした。
誰もが参加してみたいと感じたのではないでしょうか。

ボランティアの5原則は、自らの決定で、見返りを求めず、他人の為に、
時には先駆的チャレンジ、提案する。heart


公的機関にお任せにするのではなく
社会の監視役として社会に関わること。
これは日本の未来のために、果たすべき大人の姿だとあらためて感じました。

NPOは政府に支配されず、社会的目的を共有した人たちが
集まって一定のルールを元に
活動する組織と位置付けられます。

私たちにできることを、今一度考えたいと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



後半は枝見先生が実際にマザーテレサに出会い、
マザーの共労者として関わられた中で
感じたエピソードを
話してくださいました。heart01

どんな言葉が心に残ったでしょうか?Photo


あなたにとってかけがえのない人は誰? では、
あなたをかけがえのないと思っている人は誰?

わたしたちのすることは大海のたった一滴の
水にすぎないかもしれません。
でも、
その一滴の水があつまって大海となるのです。sweat02

  <マザーテレサ>

pencil記: 山田

« 24期スタディ基礎コース 第13回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第15回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 24期スタディ基礎コース 第13回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第15回 »