« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

24期スタディ基礎コース 第13回

7月24日(火)  園芸実習9 屋上やベランダの植物管理

猛暑続きsun
15分 畑の除草の後、涼風の吹き抜けるベルガーデン、桜の木の下での講義 book

ベランダ園芸の注意点

 ・夏の強い光と高温を避ける
 ・風対策
 ・乾燥防止
 ・近隣への配慮

屋上庭園の問題点

 ・人工軽量土壌の使用
 ・風対策
 ・水やり
 ・適した植物の選択
 ・管理者への配慮

実習

 畑で…
    事務局スタッフの水やりのおかげで
    苗は順調に生育budImg_6767

    ミニトマト…誘引・芽欠き

    ささげ  …誘引

    モロヘイヤ・バジル・青ジソ・ミニトマト…収穫note
Img_6775

 pencil記: 向井

24期スタディ基礎コース 第12回

7月17日(火)

午前・午後 共働舎施設実習1   会議室・ベルガーデン・畑

講師:澤田みどり(当会代表理事・恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授・
           日本園芸療法学会理事・JHTS園芸療法スーパーバイザー)

    萩原達也(社会福祉法人 開く会共働舎施設長)


共働舎実習2回目bud

共働舎のメンバーと育ててきた夏野菜が実りの時期を迎えました。

夏野菜の収穫パーティです。


タネを蒔き、春から一緒に昼休みの時間を使って

収穫を楽しみにしてきました。note

この日の気温は33度を超え、熱中症が心配されましたが、

朝、施設長の萩原さんと相談し、ベルガーデンでの実施を決めました。

cherryblossom大きな桜の木の下でのガーデンパーティは暑さも忘れるほど、

気持ちが良い時間になりました。

細心の配慮も必要ですが、

風と木陰、目にも涼しい緑に囲まれて環境の大切さを実感しました。good

さて、個性あるメンバーと一緒に収穫を喜べる時間が作れたでしょうか。

昼休みの関わりや、野菜の育ちが後押ししてくれます。

各班美味しい料理が出来上がり、restaurant

笑顔、笑顔のとても楽しいパーティになりました。happy01

実りの多い実習になったと思います。

反省点や良かったことは、また次に活かしましょう。sign01shine

 pencil記:山田
Photo_3


24期スタディ基礎コース 第11回

7月3日(火)

午前 園芸実習8 夏の植物管理・じゃがいも収穫パーティー

講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

夏の植物管理のポイント

 夏の厳しい環境を乗り越える為に...
   ・ 水やりは早朝か夕方に

     ・ 花ガラ、横葉取り、切り戻し、追肥
   ・ 除草 等


関東地方6月29日に梅雨明け sign01
好天のもと、23期生が3月に植え付け・管理むを引き継いだジャガイモの収穫です sign03
地上部は枯れていましたが、大収穫heart04

Img_6722


インゲンの収穫heart02Img_6723


ササゲに支柱をImg_6736


黒田五寸人参、すじ蒔き
 乾燥に弱いので、たっぷり水をやり、不織布を
Img_6739

バジル、モロヘイヤ、摘心を兼ね、収穫
ミニトマト…芽吹き・支柱


じゃがいも収穫パーティーnote

 ベルガーデン 桜の木の下cherryblossom 23期生かお手伝いくださりheart01
 各自の持ち寄り料理が並ぶテーブルを囲みnotes
 交流のひと時を過ごしましたhappy01
2_4

 pencil記: 向井


午後 園芸療法実践講座3-精神障がい者の福祉と園芸療法

講師: 村山 恵子先生(大泉病院作業療法科・鍼灸師・アロマセラピストJHTS園芸療法スーパーバイザー)

     菊池 香菜子先生(大泉病院作業療法科作業療法士) 

 

今日の講師の村山恵子さんは研修会の3期生。
スーパーバイザーとして園芸療法の後進の育成にもご協力いただいています。

東京都練馬区にある精神科の大泉病院で、心の病で入院されている患者さんと園芸を行っています。hospital

前半は大泉病院の作業療法士の菊池さんから精神障害とリハビリについて学びました。

心の病については縁遠く感じる方も多いと思います。
精神疾患は過剰なストレスが、かかる事によって脳内の化学物質バランスが乱れた状態であるとのお話しは、
誰にでも起こりうる身近なこととして考えられるようになったようです。

病気やリハビリについてとてもわかりやすく説明してくださいました。book


後半は村山さんが草分けとして開拓してきた病院や福祉施設、hospital
地域の中で行っている活動について話てくださいました。

長く様々な場面で幅広く園芸療法を展開されているからこその、懐の深さを感じました。shine

 pencil記: 山田

« 2018年6月 | トップページ