« 24期スタディ基礎コース 第6回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第8回 »

24期スタディ基礎コース 第7回

6月5日(火)
午前 園芸実習 5 花壇設計 2 (実際の花壇植え付け)

講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)


梅雨入り前の晴れ、作業日和sun
ベルガーデンの花壇を夏仕様に植え替えました。

共働舎さんの花苗 ベゴニア、トレニア、、アゲラタム、ジニア、フレンチマリーゴールド、ペンタス
65_2

  

畑で...

ミニトマト 芽吹き、支柱
Img_6527
バケツ稲の田植え
  苗を4~5本 ひとつにまとめ、深さ 2cmに植えつけました。
Img_6532
ラディッシュの収穫
Img_6544
 pencil記: 向井


 

午後  園芸療法概論3 園芸療法における植物の選択

講師: 澤田 みどり先生
        (当会代表理事・恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授・
     日本園芸療法学会理事・JHTS園芸療法スーパーバイザー)


     山 浩美 先生
     (山×高瀬計画室 代表取締役、当会顧問、恵泉女学園大学非常勤講師)


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

園芸療法の実践は植物の選択がとても重要ですsign01

アセスメントし、当事者の情報から目的を設定、そしてプログラムを作成します。

どんな作業を使うのか?どんな植物を使うのか?道具の工夫、環境整備、
えることはたくさんあります。

施設によっては制約もあります。

また生育場所によって育てられる植物も違います。
Back_blue


植物の知識が多ければ多いほど、同じような園芸活動でも目的を達成しながら、

当事者にとって、より意欲をもってできる内容のプログラムにすることが可能だからです。

タネの大きさ、生育環境、栽培方法、五感を刺激する植物はどんなものでしょうかsign02

利用の方法、毒やアレルギー、病虫害など注意すべきことも知っておく必要があります。book

澤田先生より療法として使うエピソードを、山先生からは栽培の助言をいただきながら

みんなで出し合うことでたくさんの植物が集まりました。notenote

これからの実践に活用して
ください。happy01

 pencil記: 山田

 

 

« 24期スタディ基礎コース 第6回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第8回 »

スタディコース」カテゴリの記事