« 24期スタディ基礎コース 第2回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第4回 »

24期スタディ基礎コース 第3回

5月1日(火)

午前 園芸実習2-夏野菜の育て方・稲 

講師: 山 浩美先生
 
   (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)


bud野菜作り計画時の注意点
flair

 ①場所の広さ 

 ②日当たり、風通し、水はけ 等の条件を考慮し 

 ③野菜の種類を剪定し 

 ④連作に注意して、輪作する(特にナス科、うり科、マメ科)

 

bud実習 畑で…堆肥を入れ、畝作り 

 ①苗を植えて育てるFullsizer_3

     ミニトマト
       (オレンジミニ、
         イエローアイコ、
           とってもアイコ、
                 シュガーミニ) 

 

 ②種を播いて育てる

 ・落花生 ミニトマトの周囲に 2粒点播き (鳥よけにカゴを)
 ・大浦太ごぼう 5粒点播き (不織布をベタ掛け)
 ・つるなし すじなし いんげん  3粒点播き
 ・生姜 10cm深さ 芽を上に
 ・先週播いた ラディッシュ

51_3_4
バケツ稲  各自芽だしの宿題
 

次週植え付けです!


 
pencil 記: 向井


午後 園芸療法実践講座1-知的障害者の福祉と園芸療法・アセスメント

講師: 萩原達也先生(社会福祉法人 開く会共働舎施設長)


 共働舎は横浜市泉区にある障がい者の授産施設で、

 障がいをもつ人と共に生き、
 共に育っていくことを理念に


陶器、パンの製造と農園芸、製品販売などを展開しています。


カフェも併設され地域に根差した施設です。

Photo_3

スタディコースの学びの場として、年間を通し実習などのご協力いただいています。

萩原さんのお話しは
福祉という言葉に馴染みのない方にも、わかりやすく、
共に生きるための支援を考えさせられました。


 福祉とは?
 障害とは?

障がいはラインではなくグラデーション。

個人の問題として考えるのではなく
社会の問題として 障害をとらえるべきなのかもしれません。

 pencil 記: 山田

 

« 24期スタディ基礎コース 第2回 | トップページ | 24期スタディ基礎コース 第4回 »

スタディコース」カテゴリの記事