最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース7回 | トップページ

第23期園芸療法スタディ応用実践コース8回

2017年11月7日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習15-『多肉植物の育て方とその利用』

講師: 山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

多肉植物とは・・・・

茎や葉、根が肥大して水を貯める組織を持つ

植物の総称です。

種類が多く、形態が多様で、様々な色と質感があり

挿し穂を挿すだけで寄せ植えが出来ます。

名前もステキです。

Img_6291

ブロンズ姫・天狗の舞・紅葉祭・愛星等々

実習・・多肉即物を使ってリースを作ろう

1 前回ムクゲの枝で作ったリースに水苔を巻きつけ

  チキンワイヤーで止めます。

Img_6292


2 さし床にわりばしで穴を開け、多肉植物を植え込みます。

Img_6293


個性的なリースが出来あがりました!

どれもステキです。

Img_6296


Img_6298


畑で・・・・

サトイモの収穫

夏の天候不順のせい・・?ちょっと少な目!?

赤カブ、チンゲン菜の収穫

Img_6306

記:向井

○○ 午 後 ○○

医療リハビリテーション関係講座3-『カウンセリング』

講師: 杉浦 京子先生

アーツセラピー研究所 所長・元東京福祉大学心理学部 教授

今回のカウンセリングの講師の杉浦京子先生は

日本における芸術療法の定着やより良い発展を目指し、

2005年に実践・研究の拠点としてアートセラピー研究所を開設をされました。

神科医で当会顧問の高江洲義英先生からご紹介いただき、

この園芸療法スタディコースの講師としても長く関わってくださっています。

Img_6314


カウンセリングは話を聞いて導くのではなく、

当事者の問題解決のための道を一緒に歩くもので、

素直な自己表現ができるような対人援助技術が

必要であると話されていました。

 

 コラージュの作成、

 

 心を開くワークではみなさん本当に楽しそうに

 

 取り組んでいました。

 

園芸療法を行う私たちにとっても

大切な学びだと思いました。

記:山田

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース7回 | トップページ

スタディコース」カテゴリの記事