最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース 5回 | トップページ | 第23期園芸療法スタディ応用実践コース7回 »

第23期園芸療法スタディ応用実践コース 6回

2017年10月17日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習13-『球根の育て方とその利用』

講師: 山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

秋の長雨(別名 すすき梅雨)実習時に

暫く雨があがりました。

球根植物とは

地下茎に養分の貯蔵器官を持ち

この養分により発芽、育成、花を咲かせ

貯蔵器官により、新しい球根を増やす植物です。

植え付けのポイント

深さは球根の2倍、間隔は3級分

管理のポイント

極端な乾燥に注意

花後に花ガラを摘む

花後の葉を大切に、お礼肥えを忘れずに・・

秋植え球根の代表格“チューリップ”

植え付けは11月末花苗と共に

冬花壇作りの時にImg_6272


‘ヒヤシンス’の球根は各自持ち帰り、水耕栽培の宿題です。

Img_6271


雨上がりの畑で・・・・

大根、赤カブ、チンゲン菜、ルッコラ 間引き

Img_6255

袋大根も1本立ちに

人参の収穫

Img_6257


記 向井

○○ 午後 ○○

社会福祉関係講座4-『ネイチャーフィーリング(自然観察法)』

講師 : 鳥山 由子先生

(日本視覚障害理科教育研究会会長

 元筑波大教授・科学へジャンプ 副代表)

Img_6258

鳥山先生は長年視覚障害教育に従事され、筑波大付属盲学校に勤務、

日本で初めて物理専攻、化学専攻の学生を大学に送りだされた、

理系の視覚障害指導のスペシャリストです。

目が見えないことで、進学をあきらめることなく、自らの人生を

進んでいけることがあたりまえになってきている現在。

その陰には多くの偏見を乗り越えてきた努力があったことを

知りました。

 

その後、同大学特任教授を経て、

現在はシニア・アドバイザーとして活躍されています。

ネイチャーフィーリンングのこの講座は

アイマスクをして植物を感じてみる、サポート役になってみることを体験。

Img_6266

「盲学校では目が見える私だけが気づかないことがたくさんあった、

目が見えないことで失っていることがあるのでは?」

と問いかけます。

視覚障害を持つ方への配慮について一つ一つ例をあげて

わかりやすく話してくださいました。

園芸療法を学ぶ私たちに

どんな方と一緒に活動しても、受け入れられるスキルを

もつことは、社会に必要です。

鳥山先生が成してこられたこと、そのものだと思いました。

障害は誰にでも訪れるかもしれないけれど、社会が変われば、

悲観するものではない。

鳥山先生のメッセージです。

記 山田

 

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース 5回 | トップページ | 第23期園芸療法スタディ応用実践コース7回 »

スタディコース」カテゴリの記事