最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース 4回目 | トップページ

第23期園芸療法スタディ応用実践コース 5回

2017年10月8日(日)

○○ 1 日 ○○ 

医療リハビリテーション関係講座4-「作業療法」

講師: 山根 寛先生

     「ひとと作業・生活」研究会主宰・京都大学名誉教授・認定作業療法士

   ・登録園芸療法士・博士(医学)・当会顧問

翌日のステップアップ講座と合わせて二日間の講座の初日。

 当会の顧問でもある山根先生の講座には毎年全国から会員が集まります。

 今回は都内、大井町駅から徒歩1分の

 品川区立総合区民会館 きゅりあんが会場でした。

 山根先生は

精神科で作業療法士として、心の病を持つ方々と関わり、

 現在も作業療法士の育成に力を注いでいらしゃいます。

 そして、 医療の垣根を越えた活動は、

 支援を考える多くの方々の指針となっています。

 春から園芸療法を学ぶスタディ生にも

 わかりやすく、作業療法とは?

 作業の意義、作業療法の効用などを、話してくださいました。

 

人は植物によって生かされている。だからこそ

 その植物を使うことは、その方の生活に直結する。

 日々の生活の質を高めるとは?との投げかけは

 当事者主体の支援を考えることの大切さを

 常に伝えている当会代表の澤田みどりさんの言葉と重なります。

 毎年参加する会員にも、新たな学びと再確認の充実した

 二日間でした。

 

また明日から、それぞれの場所で頑張りましょう! 

 

記: 山田

 

« 第23期園芸療法スタディ応用実践コース 4回目 | トップページ

スタディコース」カテゴリの記事