« JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 12回 | トップページ | JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 14回 »

第23期スタディ基礎コース 第13回目

2017年7月25日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習9-『屋上やベランダの植物管理』

講師: 山 浩美先生

     (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

カラ梅雨が明けた後 晴天続きsun

ガーデンで講義、桜の木の下は涼風が吹き抜けます。

Img_6086


ベランダ園芸の注意点

・夏の強い光と高温を避ける

・風対策

・乾燥防止

・近隣の配慮

屋上庭園の問題点

・人工軽量土壌の仕様

・風対策

・水遣り

を考慮して適した植物を選ぶ

実習 畑で・・・

先ずは除草から。

黒田五寸人参すじ播きにしました。

Img_6089

本日の収穫物

空芯菜・モロヘイヤ・青紫蘇・バジル・ミニトマト

Img_6091

Img_6092

記:向井

○○ 午 後 ○○

園芸クラフト加工実習2-『染色(藍染)、こけ玉』

講師:田渕 清美(アトリエclover JHTSコーディネーター)

Img_6099


 藍の生葉染めと苔玉を作りました。

人類最古の染料といわれる藍の生葉染めは、

火を使って煮込む必要もなく、薬品も使わず、

安全な染め方です。

Img_6100

夏の日差しと風は藍の葉の中の色素のもとをインデゴブルーに変えます。

風になびく、ブルーは、しばし暑さを忘れるほど・・・

夏ならではの、プログラムです。

Img_6106

苔玉は、ケト土を使ったネバりのある土を、お団子のように丸めて

苔を貼っていきます。

Img_6115


盆栽のように、室内インティアにしても素敵です。

小さなグリーンを育てましょう。

土をこねる、丸める、一つ一つの作業は、楽しく、

完成したものは、満足感や達成感をもたらします。

Img_6115_2


Img_6116

ガーデンの桜の木の下を吹き抜ける

爽やかな風のもと、スタディ生も夢中で作っていました。

お疲れ様でした。

記:事務局

« JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 12回 | トップページ | JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 14回 »

スタディコース」カテゴリの記事