« JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 8回 | トップページ | JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 10回 »

JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 9回

2017年6月20日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習7-栄養繁殖(挿し木・株分け)

講師:山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

植物を増やすには、タネを播く有性繁殖と

挿し木(芽)、株分け等で増やす無性繁殖があります。

挿し木(芽)では、親族と同じ形、

性質を備えたクローン苗が得られるので、

欲しい品種をそのままふやすことが出来ます。

実習

挿し木(芽)

① 挿し穂作り

Img_5956_2

今年伸びた枝を切り(切り口はスパっと)

葉を2~3枚残して下の葉を取り除き、

残した葉も1/2~1/3に調整し、吸水させます。

② 穴を開けたペットボトルに

バーミキュライトと赤玉小粒を半々に混ぜ、

さし床を作り、割りばしで開けた穴に挿し穂の

切り口をつぶされないように挿します。

Img_5966

③ たっぷり水をやり、日陰で管理します。

Img_5969

畑で・・・

・まずは除草!

Img_5958

・ミニトマト芽欠き、誘引
Img_5960
・モロヘイヤ移植
Img_5962

・つるなしインゲン収穫

Img_5961

記:向井




○○ 午後 ○○ 

 

 

 

園芸療法概論5-『ロールプレイ(障がい体験を兼ねた植物栽培)』

 

講師:澤田  みどり先生 

 

(恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授・

 

日本園芸療法学会理事・当会代表理事・JHTS園芸療法スーパーバイザー)

 

 

 ロールプレイ

ロールプレイとは役割演技といいます。

園芸療法の考え方や実践方法を参考に

実際に園芸療法士(セラピスト)と園芸療法を

受ける人(クライアント)の役割に分かれて

園芸作業を行います。

作業面接をかねた初対面の活動は

種まきとハーブの挿し木です。

クライアントの状態を理解し、園芸作業の

援助を実践します。

Img_2011_5

次に繋がる楽しい時間になったでしょうか?

またクライアント体験でも多くの学びがあったようです。

お疲れさまでした。

記: 山田

 



« JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 8回 | トップページ | JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 10回 »

スタディコース」カテゴリの記事