最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

JHTS第23期園芸療法スタディ基礎コース 5回

j2017年5月23日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習3-病害虫駆除

講師:山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

病気と害虫は予防が大切!!

通風と日照、清潔な土を使用

花がらをまめに取る事が大事

実習

①ベルガーデン桜の木に薬剤(スミチオン1000倍希釈)

Img_5853

②畑で・・・

サツマイモ(ベニアズマ)の苗を植えました。

Img_5848

高畝に株間30cm

茎は地面に斜めに、葉は地上に

③モロヘイヤ点播きしました。

Img_5850


記: 向井

○○ 午後 ○○

園芸療法実践講座2-『高齢者の介護予防と園芸療法(ベルガーデン水曜クラブ活動)』

講師:葛西 健一氏(横浜市踊場地域ケアプラザ コーディネーター)

Img_5858

前半は

踊場地域ケアプラザの地域交流担当の葛西さんから

その役割や日ごろ感じている想いをお聞きしました。

リアルに感じた体験談は、机上で学んできたこととは

違っていて、一人一人をみることの大切さを

伝えてくださり、地域には様々な課題があることを

知りました。

後半は必修の実習にもなっている水曜クラブについて。

水曜クラブは研修会が主催している介護予防を目的にした、

園芸活動で12年目を迎えます。

横浜市の踊場地域ケアプラザが共催し、

送迎や参加者の窓口になってくださっています。

毎週水曜日に集まる高齢者と植物を育てながら

安心で楽しい時間を作っています。

記:山田

 

 

JHTS第23期園芸療法スタディ 基礎コース 4回目

2017年5月16日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習3-花壇設計1(花壇設計の手法)

講師:山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

実習

①バケツ稲の植え付け

  バケツのふちから5cm下まで土を入れ、

  肥料を混ぜ、水をひたひたに入れ、

  各自、芽出しした種もみを植えました。

Img_5838

②サラダゴボウ 5cm間隔すじ播き

Img_5839

③サトイモ(八頭)深さ15cm、間に化成肥料を置きました。

Img_5840

④ジャガイモ追肥

⑤ラディッシュ 葉が触れ合わない程度に間引き、土寄せ

Img_5843

⑥ミニトマト 芽欠き 支柱を立てました。

⑦インゲン 2週間経過鳥よけのカゴを取りました。

花壇設計の講義は・・・・

スライドを見ながら、花壇の種類、設計について学びました。

記: 向井

○○ 午後 ○○

園芸療法実践講座1-知的障がい者の福祉と園芸療法・アセスメントについて

 

講師:萩原 達也先生(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

今日の講義は社会福祉法人開く会 共働舎の施設長である

萩原さんにお話しいただきました。

Img_5847

スタディコースは1年間、共働舎のご厚意で通ってくるメンバーさんと

園芸療法の実習をさせていただいています。

萩原さんのお話しは

共働舎の日常の中での場面や、メンバーさんの様子など

様々な例をあげながら、障がい者とは?

支援とは?と投げかけます。

障がいを個人の問題にするのではなく、

社会の中の問題としてとらえる、ICFについて

学びました。

園芸療法は植物という命を最大限に使って、

その人がどうなっていけば良いのかを考えること。

まずは知るために関わることから・・・

そこから始まります。

記: 山田

 

JHTS第23期園芸療法スタディ 基礎コース 3回目

2017年5月9日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習2-夏野菜の育て方

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

Img_5828

野菜作り計画時の注意点

①場所の広さ

②日当たり、風通し、水はけ 等の条件を考慮し

③野菜の種類を剪定し

④連作に注意して、輪作する(特にナス科、うり科、マメ科)

実習

①22期生が植えたジャガイモの芽欠き、土寄せ

Img_5829

②鶏糞を入れて畝作り

 苗を植えて育てる

 ミニトマト(純あま・ハニーイエロー・スイートミニレッドA)

種を播いて育てる

・バジル 点播き   ・エンツァイ すじ播き

・落花生 点播き  

防鳥対策に不織布をベタ掛け

Img_5836

バケツ稲  各自芽だしの宿題

次週植え付けです!

記・ 向井

○○ 午後 ○○

施設見学2-『高齢者への在宅支援、高齢者デイサービス(横浜市上倉田ケアプラザ)』

講師: 施設職員

 

園芸療法コースでは高齢者施設、障がい者施設での実習は

必修になっています。

戸塚駅近くにある横浜市上倉田地域ケアプラザは

スタディ3期生から実習をお引き受けくださっています。

地域の中でケアプザが担っている役割をお聞きし、施設内、

利用者さんたちが過ごす様子を見学させていただきました。

デイサービスの利用者さんと どんな植物を育てましょうか。

いよいよ、23期生の実習が始まります。  

記:山田

 

JHTS第23期園芸療法スタディ 基礎コース 2回目

2017年5月2日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習1-植物を知る・調べる、道具の使い方と工夫

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

晴天の下、園芸基礎コース15名でのスタートです♪

実習

①3~4人のチームでベルガーデンの雑草10種類を掘り取り、名前しらべ、

葉の形、つき方、茎の様子を観察、スケッチし、発表しました。

Img_5812_2

何気なく除草している雑草ですが、新しい発見がありました。

Img_5813


②道具の使い方と手入について説明を受け

Img_5814_2


畑へGO!

③畑で・・・・

畝を作り、ラディッシュ(赤丸はつか、キャンディ)

Img_5815_2

筋蒔き、つるなしいんげん(グリーンマイルド)

点播き・・・・

発芽するまで鳥にたべられないように注意!

記 向井

○○ 午後 ○○

園芸療法概論2-園芸療法プログラムの作成の考え方

講師: 澤田 みどり先生

     (当会代表理事・恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授・

      日本園芸療法学会理事)

前回に引き続き、植物、園芸作業のメリット、デメリットを

出し合います。

園芸好きの方にとっては、わかっているつもり・・・の再確認ですが、

そして、植物を身近に感じているからこそ、忘れがちなこと。

誰もがお花は好きなはず、植物は安心、安全なものとの思いこみ。

その方にとっては良い思い出ばかりではないかも・・・

そんな例が少しずつ出てきました。

実は園芸療法を実践するためには、

忘れてはいけない留意すべき大切な基礎の基礎でした。

 

記: 山田

 

 

 

 

JHTS第23期園芸療法スタディ 基礎コース 1回目

2017年4月25日(火)

 

新緑が瑞々しい4月25日火曜日、

いよいよスタディコース23期がスタート致しました。

Img_5750

年間コースを受講する方

まずは基 礎コースで学んでみようという方

園芸コースで植物に1年間触れてみようという方

様々な想いで集まった総勢16名です。

緊張気味の自己紹介

これから1年間お世話になる共働舎の施設見学

ベルガーデンでの記念撮影

午後はさっそくの講義『園芸療法概論』

初日から盛りだくさんのメニューでしたが、

期待に胸がふくらんだ一日になったのではないでしょうか。

そうそう・・・

今期からの試み、再受講枠にも1名の参加がありました。

23期生の皆さんに、

たくさんのワクワクと、発見・再発見がありますように!

Img_5758

 

記 : 田渕

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »