最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

第22期園芸療法スタディコース 応用実践14回

2017年1月24日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習20-春先の園芸作業

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

shineベルガーデンで見つけた春

Img_5555


Img_5553


Img_5556


気温が低く安定しないこの時期は

植物の栽培環境に注意!

・ 室内の鉢物(シクラメン、ラン、観葉植物等)

急に直射日光に当てないように慣らしてから。

・屋外での園芸作業

ベルガーデンで実習

・越冬した草花の手入(花ガラ取り)

Img_5553_2

・除草

・用土、肥料、古土、空いた鉢の整理

記:向井

○○ 午後 ○○

クラフト加工実習4-タマネギ染め、芝ぼうやなど

講師:田渕 清美先生

(アトリエclover・JHTS園芸療法コーディネーター)

 

今回はクラフト実習の4回目。

寒い季節は室内でどう植物を取り入れようかと悩むところ。

西洋芝を使った芝坊やは、室温15度から20度で発芽します。

Img_5559

室温調整をしている施設で、暖かくしているお部屋で、

一足先に、発芽が楽しめるプログラムです。

Img_5562
また、身近な玉ねぎの皮を使う玉ねぎ染めも、

暖かく、グループならではの楽しさが味わえます。

Img_5565


リジナルの模様がはためきました。

Img_5567

事故なく、より楽しめる工夫がちりばめられた時間でした。

 

楽しかったですよね。お疲れ様でした。

記:山田

第22期園芸療法スタディコース 応用実践13回

2017年1月17日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習19-冬の園芸作業(天地返し)

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

天地返しとは

土壌の改良の目的で畑の土を表層部と下層部と

ひっくり返して土の交換をする事

寒の時期に行う“寒ざらし”が効果的です。

Img_5539
実習

米ぬか、小麦ふすまをまき

土を深さ30cmくらい大胆に堀り、

がばっとひっくり返します。

(大きな塊の土はほぐさずそのままに)

Img_5540

冷たい風や乾燥した空気にさらされて、

害虫や病菌が退治されます。

冬の寒い時期でも

茎ブロッコリー、赤菜苔、ナバナ、ルッコラ

収穫出来ます!

Img_5534

ベルガーデン

共働舎さんのリース苗をリユース❤

Img_5541

ミニ葉ボタン、スイートアリッサム、パンジーを

花壇に補植。

華やかになりました♪

Img_5543

記:向井

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »