« 第22期園芸療法スタディ応用実践コース 5回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディコース 第7回 »

第22期園芸療法スタディコース 6回目

2016年10月18日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習14-宿根草の育て方とその利用

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

宿根草

地下部が枯れて、地下茎だけで冬や夏を越す草花です。

日常の管理は、

摘芯・切戻しにより、バランスよく草姿を整える

病害虫の防除の為に花ガラを取り除く

時折、表土を軽く耕し、腐葉土等でマルチングをする

花後にお礼肥えを忘れずに。

株分け  株の更新、数を増やすために行う

ポイント からみ合った根を優しくほぐし、ハサミで切る

更新が目的の場合は、細かく分け過ぎない

タマリュウ・ハクリュウ・アジュガ・ギボウシで実習

Img_5305

畑で・・・・・

◎ サツマイモの収穫

   ・蔓の柔らかい部分はキンピラ用

Img_5289

   ・葉を取った蔓を巻いて、クリスマスリースの土台作り

Img_5286

   ・特大のサツマイモが収穫できました!

Img_5292

◎ な花、ルッコラ 点播きしました。Img_5294


◎ 里芋の葉が日陰になるので切りました。

Img_5296


◎ムクゲの枝で次回使用する、多肉植物用リースを

  作りました。

Img_5300




記:向井

« 第22期園芸療法スタディ応用実践コース 5回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディコース 第7回 »

スタディコース」カテゴリの記事