« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

第22期園芸療法スタディ実践応用コース 3回

2016年9月27日

○○ 午前 ○○

園芸実習12-秋冬野菜の育て方2

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

耐寒性の強い「葉もの野菜」は、間引きしながら

「つまみ菜」として利用出来ます。

又、種類によって冬中収穫出来るものもあります。

紅菜苔(コウサイタイ) すじ播きしました。

Img_5215
茎ブロッコリー      苗を植えました。

Img_5213
本赤丸かぶ       すじ播きしました。

Img_5216


先週播いた大根♪

Img_5210


記:向井

第22期園芸療法スタディ応用実践コース 2回

2016年9月20日

○○ 午前 ○○

園芸実習11-秋冬野菜の育て方1

講師:山 浩美先生(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

園芸コース応用実践初日

台風接近中typhoon

雨が止んだり降ったり・・

Img_5196

秋冬野菜は・・・

低温なので、病害虫の発生が少なく、

長く収穫出来る種類が多く、作りやすい!

実習  ダイコンの種まき(北京虹芯大根・耐病総太り)

畑に・・・・・・・深く耕した畝に1ヵ所3粒点播きしました。

Img_5201

土袋に.・・・・・排水用の穴をあけ、土を2/3入れ、3粒播きました。

Img_5202

サトイモ、追肥をして土寄せしました。

記:向井

第22期園芸療法スタディ基礎コース 15回

2016年8月23日(火)

夏の課題

「施設実習レポート」提出発表

 

スタディコースでは基礎コースの総まとめとして、医療機関、福祉施などの

現場で実習させていただくことが、必修の課題になっています。

これは自分達が生活する場所に、どんな医療、福祉の支援があるのか、

利用されている方々に実際に接してみて、ニーズを把握することが目的です。

Img_5176

今年もみなさん、いろんなところで実習をしてきました。

高齢者施設、リハビリ特化のデイサービス、療育センター

障害児の放課後支援などなど。

 

限られた時間の中で、施設概要、対象者についてを伝え、

プログラム案、 感じたことを伝える課題発表がありました。

これはスタディコース1期生から22期生まで、変わらない課題です。

大変なことではありますが、今年も充実した良い実習ができたことが、

わかる内容でした。

お疲れさまでした。

記:山田 

 

第22期園芸療法スタディ実践応用コース 1回

2016年9月10日(土)

○○ 1日 ○○

医療リハビリテーション関係講座1-「医学概論、精神医学、解剖学」

講師:高江洲義英(医療法人和泉会いずみ病院理事長)

スタディコース後期 実践応用編の初日は土曜日。

当会顧問で、日本園芸療法学会、日本芸術療法学会の理事でもある、

高江洲先生は、毎年この講座の為に沖縄から来てくださいます。

Img_5183

まずは、精神医学概論、初めて聞く方には難しい内容ですが、

心を病む方々の治療にあたっている経験を交えて、

わかりやすく、お話しくださいました。

人間は孤独の中にあっても、他者と共に歩む光を求めている。」

心に残る言葉です。

後半はスライドを見ながら、いずみ病院の様子を見せていただきました。

いずみ病院は沖縄にある精神科の病院です。

緑豊かな環境を整え、院内にもさまざまな絵や植物・・・

患者さんだけでなく、同法人が運営する福祉施設にいらしゃる

お年寄りも、職員も、心安らかにいられるだろうと感じます。

スタディ生の感想も、相談コーナーのようになっていました。

誰もが心を開いてしまう、先生の笑顔、お人柄に

引き込まれました。ありがとうございました。

記:山田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »