最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 7回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 9回 »

第22期園芸慮法スタディーコース 8回目

2016621日(火)

 

 

○○午 前○○

 

園芸実習6-ハーブ栽培とその利用

 

講師: 鈴木 悦子先生

(ジャパンハーブソサエティ理事 東京支部長

 NPO日本コミュニティーガーデン協会理事・当会理事) 

 

 

 今回の講師はスタディ6期生、当会理事でもあり

 

ジャパンハーブソサイティ 東京支部長の鈴木悦子さんです。

 

 

Img_5065

基本のハーブを学びました。

 

ハーブは育てやすいものが多く、香りも様々。

 

芸療法プログラムとして栽培から収穫、

 

収穫物を使った作品作りと、魅力ある

 

活動になります。

 

 

実際のハーブを用紙に貼りつけて、

ハーブの標本を作りました。

 

 

 

また、ミツロウとホホバオイルを使った

 

練り香作りが実習でした。

 

ペパーミントとローズマリーのブレンド。

 

 (虫よけにも効力があります)

 

ラベンダーとオレンジ、ローズゼラニウムを

 

ブレンドした香りの2種から好みのものを作りました。

 

 

部屋いっぱいに、いい香りがする楽しい時間になりました。 

記:山田

○○ 午 後 ○○

園芸療法概論4-道具の工夫と環境整備

 

講師: 深町 康志先生

 

Img_5067_2

園芸療法プログラムを実施する際の準備において、

 

とても大切な要素となるのが「場づくり」です。

 

対象となる方の状態や目的に合わせて、

 

植物を選び、作業や道具を選びます。

 

そして安全に園芸作業ができる環境を整えることも必要です。

 

 

 

身近にあるものを代用したり、ひと工夫加えたりして、

 

対象者が安全に楽しく園芸作業を行える道具の準備 は、

 

私たちの腕の見せ所のひとつかもしれません。

 

 

 

様々な道具のサンプルや、

 

園芸療法が実践されている国内外のガーデン、

 

また、JHTSが行っている東北支援プロジェクトでの庭造りの様子など、

 

深町先生の実践のお話しとともに

今後に役立つヒントをたくさんいただきました。

記: T

 

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 7回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 9回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 7回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 9回 »