« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

第22期園芸療法スタディ基礎コース 5回目

2016年 5月24日(火)

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習4-『病害虫駆除』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

連日の夏日

病気と害虫は予防が大切!

通風と日照、清潔な土を使用、

花がらをまめに取る事が大事

Img_4991


実習

①ベルガーデンの桜の木に薬剤散布(スミチオン1000倍希釈)

  を噴霧しました。

Img_4993

②サツマイモの苗を植えました。

  畝は3~40cm高め、茎は地面に斜めに

  葉は地上に。

Img_4999


③サトイモを植えました。

  深さ15cm、、50cm間隔、間に腐葉土、苦土石灰、鶏糞を入れました。

Img_5003


④つるありインゲン 点播きしました。

 5/10に播いたつるなしインゲン

Img_5001

⑤ ゴボウ(サラダむすめ)すじ播きしました。

Img_5006⑥5/17に播いたイネ

Img_5009

記:向井

○○ 午後 ○○

療法コース

園芸療法実践講座2-『知的障がい者の福祉と園芸療法・アセスメントについて』

講師: 萩原 達也氏(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

Img_5011

 4月から学び2カ月、園芸療法の基礎を学びつつ、

並行して実習が始まります。

共働舎の施設長である萩原さんから、

知的障害、発達障害を持つ方々の特徴を教えていただきました。

支援として関わるためには

体の動き、巧緻性、理解度、性格、社会性などなど

まずはその方を理解すること、アセスメントが大切です。 

 

 スタディコースは共働舎の会議室をお借りしていて、

ここに通ってくるメンバーさんの職場です。

健常者も障害者も共に働くという共働舎の理念を

実感できるこの環境での実習は、

実り多いものになるにちがいありません。

次回から班ごとにメンバーさんと、タネを蒔き、野菜を育てます。

相手を知るために、共に作業する1回目、楽しみですね。  

記:山田




第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目

2016年 5月17日(火)

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習3-『花壇設計1(花壇設計の手法)、バケツ稲の植え付け』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

朝からあいにくの雨

花壇の種類、設計、植物の選び方について

スライドを見ながら学びました。

植物の色、組合せ、数量(基本 25/1㎡)に注意!

実習は、ベルガーデンで

実習  雨が止んでいる間に・・・・

① バケツ稲の植え付け

    バケツのふちから5cmまで土を入れ、肥料をまぜ、

    水をひたひたに入れ、

    各自芽だしした種もみを植えました。

Img_4981

② ミニトマトの芽吹き

Img_4983

③ ラディッシュの収穫

Img_4985


④ 先週播いたインゲン 発芽しました

Img_4987

記: 向井

○○ 午後 ○○

園芸・療法コース

園芸療法実践講座1-高齢者の介護予防と園芸療法(ベルガーデン水曜クラブ活動)

講師: 生田 純也氏(横浜市踊場地域ケアプラザ 所長)

     澤田 みどり

 

先週の上倉田地域ケアプラザの見学に引き続き、

当会の高齢者地域介護予防事業を共催で行っている、

横浜市踊場地域ケアプラザの生田所長のお話しでした。

 

Img_4988

地域をコーディネートする役割は、地域のニーズを把握し、

元気なうちから、身近に相談できる場作りをすること。

水曜クラブの立ち上げから関わってくださっています。

2006年から始まった水曜クラブは昨年で10周年を迎えました。

屋外の緑豊かな植物のある環境で、みんなで育てた野菜を使って、

楽しむ、一緒に食べる時間を提供しています。

園芸療法を学んだスタッフと地域ボランティアさん、そして、

地域のコーディネーターである踊場ケアプラザ、

活動の場を提供してくださっている地主さん、

たくさんの方々の支えがあって、実現していることを、

お聞きしました。  

実習で、きっと実感できることでしょう。

記: 山田

 

 

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 3回目

2016年 5月10日(火)

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習2-『夏野菜の育て方・稲』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

夏野菜作り計画時の注意点

① 場所と広さ

② 日当たり、風通し、水はけ等の条件を考慮する

③ 野菜の種類を選定

④連作に注意して、輪作にする。

(特にナス科、ウリ科、マメ科)

実習

鶏糞、苔土石灰、化成肥料を入れ畝作り

Img_4961


① 種を播いて育てる

インゲン(平さやプラス) 点播き

すじなし、つるなしインゲン

エンツァイ(空芯菜)、バジル すじ播き

Img_4966


② 苗を植えて育てる

ミニトマト(連作障害対策として接ぎ木苗を利用)

Img_4964

③ 前回播いたラディッシュの間引き

葉と葉が触れ合わないように

Img_4969

間引いた後、軽く土寄せしました。

稲の実習は次回!

目出しは各自宿題です。

*前回出来なかった “植物調べ”

Img_4972

4~5人のチームでベルガーデンの雑草10種類を

掘り取り、名前調べ、葉の形、つき方、

茎の様子を観察、スケッチし、発表しました。

Img_4974


Img_4976

何気なく除草している雑草ですが、

新しい発見がありました。

記 : 向井

○○ 午後 ○○

療法コース

施設見学2-高齢者の在宅支援、高齢者デイサービス(上倉田地域ケアプラザ)

園芸療法コースでは高齢者施設、障がい者施設での実習は

必修になっています。

今日は、戸塚駅近くにある横浜市上倉田地域ケアプラザに行きました。

上倉田地域ケアプラザはスタディ3期生から実習を

お引き受けくださっています。

地域の中でケアプザが担っている役割をお聞きし、施設内、

利用者さんたちが過ごす様子を見学させていただきました。

 

デイサービスの利用者さんと どんな植物を育てましょうか。

いよいよ、22期生の実習が始まります。  

記:山田

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 2回目

2016年4月26日(火)

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習1-『植物を知る・調べる、道具の使い方と手入れ』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

晴天の下、園芸基礎コース17名でスタートです

ベルガーデンは、21期生が植えた花壇春真っ盛り

Img_4953_2

Img_4954

Img_4951

実習

①道具の使い方と手入について説明を受け

畑へGO!

Img_4936

②21期生が植えたジャガイモの芽吹き、

追肥、土寄せ

Img_4940

Img_4941


③野良坊菜の収穫

Img_4942


④畝を作り、ラディッシュ(赤丸二十日大根)

すじ播きしました。

Img_4944_2

Img_4946


記:向井

○○ 午後 ○○

療法コース

園芸療法概論2-『園芸療法プログラム作成の考え方』

講師:澤田 みどり先生

(当会代表理事・恵泉女学園大学人間社会学部特任准教授・

日本園芸療法学会理事・JHTS園芸療法スーパーバイザー)

 

スタディコースの目的の一つは

 

園芸療法って?って聞かれた時に、

 

自分の言葉で相手に合わせて答えられるようになること。

 

園芸が療法であるために必要なことを学びました。

 

ゆっくりと、実感する1年になります。

 

Img_4950

 

まずは相手を知ること、楽しくおしゃべりしながら

 

対象者の全体像をつかむワークも行いました。

 

これから一緒に学ぶ仲間、仲良くなってくださいね。

 

記:山田




« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »