最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 6回目 »

第22期園芸療法スタディ基礎コース 5回目

2016年 5月24日(火)sun

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習4-『病害虫駆除』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

連日の夏日sunsunsweat01

病気と害虫は予防が大切!

通風と日照、清潔な土を使用、

花がらをまめに取る事が大事

Img_4991


実習

①ベルガーデンの桜の木に薬剤散布(スミチオン1000倍希釈)

  を噴霧しました。

Img_4993

②サツマイモの苗を植えました。

  畝は3~40cm高め、茎は地面に斜めに

  葉は地上に。

Img_4999


③サトイモを植えました。

  深さ15cm、、50cm間隔、間に腐葉土、苦土石灰、鶏糞を入れました。

Img_5003


④つるありインゲン 点播きしました。

 5/10に播いたつるなしインゲン

Img_5001

⑤ ゴボウ(サラダむすめ)すじ播きしました。

Img_5006⑥5/17に播いたイネ

Img_5009

記:向井

○○ 午後 ○○

療法コース

園芸療法実践講座2-『知的障がい者の福祉と園芸療法・アセスメントについて』

講師: 萩原 達也氏(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

Img_5011

 4月から学び2カ月、園芸療法の基礎を学びつつ、

並行して実習が始まります。

共働舎の施設長である萩原さんから、

知的障害、発達障害を持つ方々の特徴を教えていただきました。

支援として関わるためには

体の動き、巧緻性、理解度、性格、社会性などなど

まずはその方を理解すること、アセスメントが大切です。 

 

 スタディコースは共働舎の会議室をお借りしていて、

ここに通ってくるメンバーさんの職場です。

健常者も障害者も共に働くという共働舎の理念を

実感できるこの環境での実習は、

実り多いものになるにちがいありません。

次回から班ごとにメンバーさんと、タネを蒔き、野菜を育てます。

相手を知るために、共に作業する1回目、楽しみですね。  

記:山田




« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 6回目 »

スタディコース」カテゴリの記事