最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 3回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 5回目 »

第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目

2016年 5月17日(火)rain

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習3-『花壇設計1(花壇設計の手法)、バケツ稲の植え付け』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

朝からあいにくの雨rainrainrain

花壇の種類、設計、植物の選び方について

スライドを見ながら学びました。

植物の色、組合せ、数量(基本 25/1㎡)に注意!

実習は、ベルガーデンでtulip

実習  雨が止んでいる間に・・・・

① バケツ稲の植え付け

    バケツのふちから5cmまで土を入れ、肥料をまぜ、

    水をひたひたに入れ、

    各自芽だしした種もみを植えました。

Img_4981

② ミニトマトの芽吹き

Img_4983

③ ラディッシュの収穫

Img_4985


④ 先週播いたインゲン 発芽しました

Img_4987

記: 向井

○○ 午後 ○○

園芸・療法コース

園芸療法実践講座1-高齢者の介護予防と園芸療法(ベルガーデン水曜クラブ活動)

講師: 生田 純也氏(横浜市踊場地域ケアプラザ 所長)

     澤田 みどり

 

先週の上倉田地域ケアプラザの見学に引き続き、

当会の高齢者地域介護予防事業を共催で行っている、

横浜市踊場地域ケアプラザの生田所長のお話しでした。

 

Img_4988

地域をコーディネートする役割は、地域のニーズを把握し、

元気なうちから、身近に相談できる場作りをすること。

水曜クラブの立ち上げから関わってくださっています。

2006年から始まった水曜クラブは昨年で10周年を迎えました。

屋外の緑豊かな植物のある環境で、みんなで育てた野菜を使って、

楽しむ、一緒に食べる時間を提供しています。

園芸療法を学んだスタッフと地域ボランティアさん、そして、

地域のコーディネーターである踊場ケアプラザ、

活動の場を提供してくださっている地主さん、

たくさんの方々の支えがあって、実現していることを、

お聞きしました。  

実習で、きっと実感できることでしょう。

記: 山田

 

 

 

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 3回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 5回目 »

スタディコース」カテゴリの記事