最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 2回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目 »

第22期園芸療法スタディ基礎コース 3回目

2016年 5月10日(火)sun

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習2-『夏野菜の育て方・稲』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

夏野菜作り計画時の注意点

① 場所と広さ

② 日当たり、風通し、水はけ等の条件を考慮する

③ 野菜の種類を選定

④連作に注意して、輪作にする。

(特にナス科、ウリ科、マメ科)

実習

鶏糞、苔土石灰、化成肥料を入れ畝作り

Img_4961


① 種を播いて育てる

インゲン(平さやプラス) 点播き

すじなし、つるなしインゲン

エンツァイ(空芯菜)、バジル すじ播き

Img_4966


② 苗を植えて育てる

ミニトマト(連作障害対策として接ぎ木苗を利用)

Img_4964

③ 前回播いたラディッシュの間引き

葉と葉が触れ合わないように

Img_4969

間引いた後、軽く土寄せしました。

稲の実習は次回!

目出しは各自宿題です。

*前回出来なかった “植物調べ”

Img_4972

4~5人のチームでベルガーデンの雑草10種類を

掘り取り、名前調べ、葉の形、つき方、

茎の様子を観察、スケッチし、発表しました。

Img_4974


Img_4976

何気なく除草している雑草ですが、

新しい発見がありました。

記 : 向井

○○ 午後 ○○

療法コース

施設見学2-高齢者の在宅支援、高齢者デイサービス(上倉田地域ケアプラザ)

園芸療法コースでは高齢者施設、障がい者施設での実習は

必修になっています。

今日は、戸塚駅近くにある横浜市上倉田地域ケアプラザに行きました。

上倉田地域ケアプラザはスタディ3期生から実習を

お引き受けくださっています。

地域の中でケアプザが担っている役割をお聞きし、施設内、

利用者さんたちが過ごす様子を見学させていただきました。

 

デイサービスの利用者さんと どんな植物を育てましょうか。

いよいよ、22期生の実習が始まります。  

記:山田

 

« 第22期園芸療法スタディ基礎コース 2回目 | トップページ | 第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目 »

スタディコース」カテゴリの記事