最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 21期スタディ基礎コース第2回 | トップページ | 第21期スタディ基礎コース 第4回目 »

21期スタディ基礎コース 第3回目

2015年5月12日(火)

●● 午前 ●●

園芸実習2-『夏野菜の育て方・稲』

講師: 山 浩美先生

     (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

植物調べは3人のチームでベルガーデンの雑草10種類を

掘り取り、名前を調べ、葉の形、つき方、枝の様子を観察し、

スケッチし、発表しました。

雑草もよく見ると新しい発見が・・・・・

Img_3959

野菜作り計画時の注意点

 ① 場所と広さ

 ② 日当たり、風通し、水はけ等の条件を考慮し

 ③ 種類を選定し

 ④ 連作に注意し、輪作する 

実習   腐葉土・苔土石灰・化学肥料を入れ畝作り

① タネを播いて育てる

   落花生(点播き)、オカヒジキ・バジル(すじ播き)

Img_3968

② 苗を植えて育てる

   ミニトマト(連作障害対策として接ぎ木苗を利用) 

   植穴に水を注ぎ、植え付け後支柱に誘引しました。

Img_3973

③ 前回播いたラディシュの間引き

   葉と葉が触れ合わないように間引いた後、

   軽く土寄せしました。

Img_3972

稲の実習は次回!

Img_3964

芽出しは各自宿題!

記: 向井

●● 午後 ●●

園芸療法実践講座1-『知的障害者の福祉と園芸療法・アセスメントについて』

講師:萩原達也先生

(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

 

スタディコースを開催している「共働舎」には、

陶芸部門、パン部門、園芸部門 の3つのお仕事があります。

知的障害のある方々が毎日通ってきて

ご自分の担当部門のお仕事をしています。

Img_3976

 

本日の講師はその「共働舎」の萩原施設長。

「知的障害」について、「支援」について、

「アセスメント」について、などのお話をしていただきました。

「障害」や「福祉」のことはまったく知らなかった・・・とうスタディ生も

毎年たくさん受講していますが、

共働舎の長い歩みとご自身の経験からのエピソードを交えた萩原さんのお話に

あっという間に引き込まれてしまいます。

支援すること。

障害を持つ方の「宛先」になること。

常に真剣に向き合っている萩原さんの姿勢から

教えていただくことがたくさんあります。

そして、いよいよ次回から始まるメンバーさんとの実習が、

スタディ生にたくさんの実りをもたらしてくれることと思います。

記:田渕

« 21期スタディ基礎コース第2回 | トップページ | 第21期スタディ基礎コース 第4回目 »

スタディコース」カテゴリの記事