« 20期スタディ応用実践コース 第8回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第10回 »

20期スタディ応用実践コース 第9回

2014年11月25日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習16-『腐葉土作り』

講師: 山 浩美先生

  (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

実習① 落ち葉を利用して腐葉土を作る。

あいにくの雨の中完全防備でSTART!

土袋に集めた落ち葉と米ぬかを交互に足で踏み固めながら入れ、

水をかけて湿らせ、口を軽くしばります。日陰で半年~一年置きます。

注・イチョウ、杉、松、おがくずはNG!

Img_3588

実習②ベルガーデン花壇植え替え第一弾

ボリュームのある金魚草、奥行を考えて配置、

パンジーのバランスも考えて幅を持たせ・・

間にチューリップの球根を植えました。

Img_3594


記: 向井

○○ 午 後 ○○

クラフト加工実習3-『クリスマスの飾りとお正月飾り』

講師: 田渕 清美先生(アトリエclover主宰・JHTS園芸療法コーディネーター)

Img_3599

植物を育てることを基本とする園芸療法は、季節行事は欠かせないものです。

 日本には季節があり、地域の中で培われたさまざまな行事があります

これらを上手に使うことで、ワクワクしたり、懐かしかったり・・・。

Img_3607

今日は10月に収穫したサツマイモのツルを使ってクリスマスリースを作りました。

まずはお正月の話、育てた稲でお飾りを作ったり、御鏡もちにも地域によって

いろんな植物が使われていますね。

 誰もがお国自慢をしたくなります。

 そしてすっかり日本に定着したクリスマスの話、華やかなクリスマスもいいですが、

神聖なるクリスマスの由来も知ることができました。

 クラフト実習としては、ワイヤリングなどの技術を学びます。

Img_3611

選ぶ楽しさ、モミなどの針葉樹のいい香りに包まれて、

オンリーワンのリースが出来上がりました。

 この時間で何を得ることができたでしょうか?

どこが難しかったでしょうか?

 まずは楽しさを知っていることが一番ですが、

 園芸療法の活動として行う場合には考えておくことがいっぱいあると思います。

記:山田

 

« 20期スタディ応用実践コース 第8回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第10回 »

スタディコース」カテゴリの記事