« 20期スタディ応用実践コース 第4回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第4回 »

20期スタディ応用実践コース 第5回

2014年10月7日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習13-『球根の育て方』

講師: 山 浩美先生

  (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

秋植え球根の代表格チューリップ

植え付けは、11月末、花苗と共に冬花壇作りの時に

深さは球根の2倍、間隔は2~3倍が基本。

Img_3453


ヒヤシンスの球根は、各自持ち帰り、水耕栽培の宿題です。

Img_3451_2


実習

ビーツ、大根 間引きをし、土を寄せました。

Img_3458

タアサイ、コマツナ すじ蒔きしました。

コウサイタイ 追い播きしました。

人参の収穫 (なかなかの出来栄え!)

Img_3464


記: 向井



○○ 午 後 ○○

社会福祉関係講座4-『ネイチャーフィーリング(自然観察法)』

講師:鳥山由子先生(日本自然保護協会評議員・

日本視覚障害理科教育研究会会長・元筑波大学教授)

スタディ20期生も後半がスタートしています。

スタディコースの初期のころから続く鳥山先生の講義は、

園芸療法を学ぶ私たちにたくさんの気づきをくださいます。

今年はまず室内でアイマスクを使い、

花苗を触って触覚で感じる、確かめる・・・という体験をしました。

そのあとで外へ移動。

そろそろ冬支度、そして春の準備をしている花木の芽などを見て、触れて回りました。

Img_3472

ベルガーデンでは、庭を包み込むほどに成長している桜の大きさを

「声を頼りに知る」・・・ということを、言葉通り身をもって体験しました。

目に見えなくてもしっかりと自然を、植物を、

感じて楽しむことができるということを、充分に体験できたと思います。

Img_3477

むしろ見える私たちには気づけない発見をすることも、

私たちには味わえない楽しみを感じることもできるんですね。

そんな彼らと同じ時間、同じ楽しさを共有するために、

そしてその時間をさらに豊かなものにするために、

私たちは植物の知識をしっかり持つことと、

それらに日頃からしっかり触れておくことが必要ですね。

記:田渕

« 20期スタディ応用実践コース 第4回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第4回 »

スタディコース」カテゴリの記事