« 20期スタディ応用実践コース 第1回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第4回 »

20期スタディ応用実践コース 第2回

2014年9月16日sun

今回は耐寒性の強い「葉物野菜」の種まきです。

実習

①紅菜苔、ハナナをすじ播き、ルッコラを点播きにしました。

Img_3404


②スティックセニョール(茎ブロッコリー)の苗を植えました。

Img_3403


1週間前に播いたダイコンですhappy01

Img_3400


記: 向井

○○ 午後 ○○

『社会福祉講座3-レクリエーション』

講師:師岡 文男先生

(上智大学文学部保健体育研究室教授・日本余暇学会理事

           ・日本レジャーレクリエーション学会理事)

Img_3408

「レクリエーション」という言葉で何を連想しますか?

スタディ生全員が思い思いの「レクリエーション」のイメージを発表。

時間、場所、人、行動、感想、・・・・・
人によってイメージは様々で。

ホワイトボードには20通り近くのワードが並びました。

師岡先生いわく、
レクリエーションとは「自ら 楽しさを求めて 行う行動」。

決して他人に押し付けられるものではない。

先生のお話にはよく「余暇歴」というキーワードが登場します。
学歴でも職歴でもなく余暇歴。

どんな人生を送ってきたか。
どれだけ充実していたのか、いなかったのか。

私たちが前期に学んだ、
QOLの充実、向上・・というところに繋がってくるんですね。

レクリエーションは「自ら」行うことが大切。
誰かと共に行う場合は、
「指導」ではなくて「支援」でなくではならないと教わりました。

記: 田渕

« 20期スタディ応用実践コース 第1回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第4回 »

スタディコース」カテゴリの記事