最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 第20期園芸療法スタディ基礎コース 13回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第1回 »

第20期園芸療法スタディ基礎コース 14回

2014年8月5日(火)sun

○○ 午 前 ○○

園芸実習10-『土の再生、流しそうめん』

講師: 山 浩美先生

  (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

実習 生ごみから堆肥を作る。

通気性、排水性の悪くなった古土の改善です。

① 生ごみを細かく切って米ぬかをまぶします。

  *柑橘系の皮、タマネギの皮は、NG!

Img_3333_2


② 牛乳パックに古土1/4を入れ、①の生ごみを入れ隙間を古土を詰め、

  きっちりふたをしてガムテープで止めます。

Img_3335

③ 夏は1か月、冬は2~3か月日陰に置いて熟成させます。

出来た堆肥は、古土に混ぜて1~2か月置いてから使います。

**流しそうめん**

今年も栗田氏が設置して下さった竹で本格的な流しそうめんをいただく事が

出来ました。

Img_3342


Img_3349


記:向井

○○ 午 後 ○○

クラフト加工実習2-『染色(藍染)、苔玉づくり』

講師:田渕清美(アトリエclover、JHTS認定コーディネーター)

 

畑で育てたタデアイを使って、藍の生葉染めを行いました。生葉染めは薬品も使わず、

加熱もしない安全な染めの技法です。

Img_3351

水と、日差し、風を感じられる夏ならではのプログラムは、

研修会の介護予防の活動『水曜クラブ』でも毎年の楽しみとして行っています。

スタディ生もベルガーデンの大きな桜の木の下でワクワク感が高まります。

思い思いに、シルクの布にビー玉や糸、輪ゴムなどを使って模様をつくり、

藍葉の染め液に浸し、出来上がったスカーフはこの世にたた一つの作品。

ベルガーデンにはためく明るい青は、なんとも涼しげ、暑さも忘れる時間でした。

Img_3355

Img_3359


後半は、室内での苔玉作りです。水生植物が堆積して土になったケト土に赤玉土や

さまざまなものをブレンドし、水を加えながら練っていきます。この土の感触を

おもいっきり感じられるプログラムは、大人も子供も夢中になれます。

Img_3361


3種の植物を寄せて、丸くして苔を貼っていきます。

大切に育ててくださいね。

記:山田

 

« 第20期園芸療法スタディ基礎コース 13回 | トップページ | 20期スタディ応用実践コース 第1回 »

スタディコース」カテゴリの記事