最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第20期 園芸療法スタディコース第7回目 | トップページ | 第20期スタディコース 第9回 »

第20期 園芸療法スタディコース第8回目

2014年6月24日(火)cloudのちrain 

○○ 午 前 ○○ 

 園芸実習6『ハーブの栽培とその利用』

 講師:鈴木悦子(当会理事、ジャパンハーブソサイティ東京支部長)

Img_3209

 ハーブはヨーロッパでは生活の中で古くから活用されてきました。

 今日は何百種類もあるハーブの中から、基本となるハーブについて

 学びました。

 ラベンダーやタイム、ミントなど12種類のハーブの標本を作りました。

Img_3211

 園芸療法の実践現場でもプログラムに使うことが多いハーブは

 特徴や効用、栽培方法など 知っておくと活動に幅ができます。

Img_3210

 

アロマオイルを使って、アロマスプレーも作りました。

 リラックス、リフレッシュ、虫よけなどお好みの香りを調合します。

 ハーブの香りが部屋いっぱいの素敵な時間になりました。

 ○○ 午 後 ○○

園芸療法概論4『道具と工夫と環境整備』

講師:深町康志(当会理事、タカグリーンフィールズ代表取締役)

Img_3212

園芸療法は対象となる方の目的に合わせて園芸活動を利用します。

楽しく参加できる工夫が必要です。

身近にある道具を使ったり、それを利用して作成したり・・・

視覚が衰えはじめた高齢者にとって何色がはっきりと見えるのでしょうか?

車椅子の方の作業台の高さは?

相手の気持ちになって考えることが大切です。

道具の工夫と環境整備を考えることは療法として園芸の一歩です。

工夫をこらしたガーデンや花壇、レイズドベッドの紹介は必見でした。 

  記:山田

« 第20期 園芸療法スタディコース第7回目 | トップページ | 第20期スタディコース 第9回 »

スタディコース」カテゴリの記事