最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第20期 園芸療法スタディコース第5回目 | トップページ | 第20期 園芸療法スタディコース第2回目 »

第20期 園芸療法スタディコース第6回目

2014年 6月3日(火)

○○ 午 前 ○○
園芸実習4-『病害虫駆除』
講師:山 浩美先生
連日真夏のような暑い日が続きます。
実習 ① ベルガーデンの花壇植え込みの準備をしました。
共働舎さんのリース苗、ペチュニア・サルビアを
仮植えしました。
② ベルガーデンの桜の木に
薬剤(スミチオン1000倍希釈)を
噴霧しました。完全防備で・・・
Img_3121
③ ミニトマトの芽欠きをしました。
Img_3117
④ 先週播いたバジル
Img_3125
 
  バケツ稲は、一週間でこのように!
Img_3123
記 向井
○○ 午 後 ○○

園芸療法実践講座2-『高齢者の介護予防と園芸療法』

 講師:生田純也(横浜市踊場地域ケアプラザ所長)

     澤田みどり(当会代表理事)

Img_3126

踊場地域ケアプラザは私たちの学びの場である

泉区にあります。ケアプラザの大きな特徴は

地域に専門のコーディネーターがいること。

地域のニーズをつかむ取り組みを学びました。

研修会は介護予防事業として、週に1

園芸活動『水曜クラブ』を始めて8年になります。

これは踊場地域ケアプラザとの共催事業となります。

園芸療法を学んだスタッフと地域ボランティア、

そしてこのエリアに精通しているケアプラザで成り立っています。

水曜クラブの活動のスライドは、四季を通じて楽しそうで、

参加されている高齢者のみなさんの生活の楽しみになっていることが

わかります。水曜クラブに来るために、1週間の体調を整えている・・

とのお話でした。スタディでは年間の実習の場ともなっています。

この活動の中からは大切なことが学べると信じています。

記:山田

« 第20期 園芸療法スタディコース第5回目 | トップページ | 第20期 園芸療法スタディコース第2回目 »

スタディコース」カテゴリの記事