最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第20期 園芸療法スタディコース第4回目 | トップページ | 第20期 園芸療法スタディコース第6回目 »

第20期 園芸療法スタディコース第5回目

2014年 5月27日(火)

○○ 午 前 ○○
園芸実習3-『花壇設計1(花壇設計の手法)、バケツ稲の植えつけ』
講師: 山 浩美先生
花壇の種類、設計、植物の選び方について
スライドを見ながら、学びました!
植物の組み合わせ、色、数量(基本25/1㎡)に注意!
実習は、次回ベルガーデンで・・・
実習
① バケツ稲の植え付け
 
  バケツのふちから5cm下まで、
  土と肥料を入れ水をひたひたに入れ
  各自で芽だしした種もみを植えました。
Img_3104
② バジル、ツルムラサキの種を播きました。
Img_3107
 
③ ラディシュの収穫をしました。
Img_3102
記・向井
○○ 午 後 ○○
施設見学2-『高齢者在宅支援 高齢者デイサービス』

    -住み慣れた地域で暮らし続けたいをささえる

講師: 佐藤 麻子(上倉田地域ケアプラザ施設長)

 スタディが始まって2カ月、支援とは?障がいとは?と

考える時間が続きます。いよいよ実習も始まりました。

今回は2つ目の実習先、戸塚駅から徒歩10分ほどの

上倉田地域ケアプラザに施設見学に出かけました。

Img_3113

日本は超高齢者社会になりつつあります。厚生労働省

の示す人口分布から見えてくる問題は他人事ではありません。

 横浜市の現状と地域ケアプラザが担う役割について

お話いただきました。

Img_3116

ケアプラザは地域の住む誰もが

住み慣れた土地でさまざまな相談や福祉サービスが

より身近で受けられる拠点として作られた横浜市独自の施設です。

1年かけて福祉の現場に触れさせていただけることを

感謝したいと思います。  

記:山田

 

« 第20期 園芸療法スタディコース第4回目 | トップページ | 第20期 園芸療法スタディコース第6回目 »

スタディコース」カテゴリの記事