最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スタディ19期 応用・実践コース 第1回 | トップページ | スタディ19期 応用・実践コース 第3回 »

スタディ19期 応用・実践コース 第2回

2013年9月17日(火)

○○ 午 前 ○○

『園芸実習12-秋冬野菜の育て方2』

講師: 山 浩美先生

台風一過の晴天sun

空気も入れ替わり、ほっと一息

Img_2358

今回は耐寒性の強い『葉物野菜』の種まきです。

ホウレンソウ・コマツナ・紅菜苔・さがみグリーン(からし菜×たか菜)

をすじ播きしました。

先週播いた大根、土寄せしました。

Img_2355

記: 向井

○○ 午後 ○○

『社会福祉講座3-レクリエーション』

講師:師岡 文男先生

(上智大学文学部保健体育研究室教授・日本余暇学会理事

           ・日本レジャーレクリエーション学会理事)

レクリエーションとは?

Img_2359

師岡先生は、これは僕の定義です。としながら、

「自ら 楽しさを求めて 行う活動」

とおっしゃいました。

大切なのは「自ら」というところ。

自分で選んで、楽しさを求めて行うことに大きな意味があるようです。

ココロの底からたのしくて大きな声で笑うと、

それは自然と「深呼吸」をすることになり

カラダにとってとても良いばかりでなく、

気持ちが落ち着くことにつながるそうです。

なんだか・・・なるほど、そうかも!と、

腑に落ちてしまいますね。

講義は様々なゲームのようなトレーニングで、

リズムよくどんどん先生のペースで進んでいきました。

前回の薄羽先生の「コミュニケーション」のお話とリンクすることもたくさんありました。

「自ら」楽しさを求めて「園芸作業を行う」環境を整えること、

その楽しい時間の共有・共感の場づくりが、

より良い園芸療法の実践に繋がりそうですね。

記:田渕

« スタディ19期 応用・実践コース 第1回 | トップページ | スタディ19期 応用・実践コース 第3回 »

スタディコース」カテゴリの記事