« 18期スタディ応用実践コース第11回 | トップページ | 18期スタディコース応用実践 第14回 »

18期スタディ応用実践コース第12回

2013年1月22日(火)rain

○○ 午 前 ○○

「園芸実習18-冬の園芸作業(転地返し)」

講師: 山 浩美先生

今年はじめての園芸作業は、あいにくの雨rain

完全防備で畑へGO!

・1年で最も気温が低い寒の時期に行う

『寒ざらし』

Img_1647
小麦ふすまを入れて、土を深さ30cm位

大胆に掘り ガバッとひっくり返します。

Img_1656

害虫や病菌が退治され、土壌改良heart04

・今期初挑戦の白菜、

見事に結球しましたhappy01

Img_1651

Img_1658_6
記: 向井

○○ 午後 ○○
「園芸療法概論18-植物の年間栽培計画」

講師 : 澤田みどり先生/山 浩美先生

Img_1663

午前中に引き続き園芸の山先生にもご参加いただき、

年間の植栽計画を学びました。

本日の講義では、園芸療法を実践する際の対象者別にグループにわかれて、

年間の植栽および作業プログラムの作成を行いました。

決まり事は「活動は月2回」。

活動場所、人数、実践年数など、そのほかの設定は各グループごとに決めます。

各グループ、これまで得た知識、経験、理想・・・などなど

たくさんの意見を出し合い、
図鑑や野菜づくり、花づくりの本を参考に、

かなり完成度の高い年間プログラムが出来上がりました。

山先生からは植物の栽培、作業の時期について的確なアドバイスがあり、

澤田先生からは、対象者に合った内容、作業量であるか?

予算はどうか?ワクワク感はあるか?

・・・などなど、さらに細かいアドバイスがありました。

やはりたくさん盛り込んでしまう傾向がみられますね。

園芸療法には、それだけ魅力的な植物や作業がたくさんあるってことでしょうね!

18期生も春からは実践者1年生になります。

はじめからアレもコレも・・・と焦らずに、

じっくりと息のながーい園芸療法士となって、

ひとつづつできることを増やしていってほしいな~と思います。

記 : 実践者8年生になる 田渕 でした。

« 18期スタディ応用実践コース第11回 | トップページ | 18期スタディコース応用実践 第14回 »

スタディコース」カテゴリの記事