最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 第18期スタディコース 応用実践第5回 STEPUP講座vol.12 | トップページ | スタディ18期 応用実践コース 第7回 »

スタディ18期応用実践コース 第6回目

2012年10月23日(火)cloud時々rain

○○ 午 前 ○○

『園芸実習14-宿根草の育て方』

講師 :山 浩美先生

 (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長

     恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

今日は 「霜降」

寒冷前線の通過で、

雨が降ったり・・晴れたり・・

実習

①秋冬野菜に追肥をしましたhappy01

Img_1395

グァノ(有機リン酸肥料)①:油かす①:米ぬか④の配合

②サツマイモの収穫第一団

・つるの柔らかい部分は、きんぴらに!

Img_1399_3

葉を取ったツルは、巻いてリースの土台にします。

Img_1414_2

・こんなに大きなサツマイモが!!!

Img_1406_5

③ ホウレンソウ(次郎丸)、ルッコラ、カモミールを

播きました。

Img_1412_3


記 :向井

○○ 午後 ○○

「医療リハビリテーション関係講座2-理学療法」

講師 : 前川 有一朗 先生

(理学療法士・(株)前川ケアサービス代表・鍼灸師・マッサージ師)

なでる なめる 温める ・・・

痛みを負ったときに行う本能的な行動が理学療法の基になっている

というお話から前川先生の講義が始まりました。

Img_1415

前回の「作業療法」に続き「理学療法」。

はじめのお話のとおり、

赤外線やマイクロウェーブで患部を温める物理療法や、

筋肉を揉みほぐしながら障害が生じた部位を直接動かす運動療法が中心の

理学療法の分野では、園芸療法という考え方はこれまで

あまり馴染みのない存在でしたが、

前川先生はJHTSとの出会いをきっかけに、

「園芸を行う」という行為にたいへん興味を持ち理解を深めてくださり、

ご自分の分野に積極的に取り入れてくださっています。

先生のデイケア施設には、たくさんのベッドや温熱機器、

リハビリマシーン、バランスボールなどと一緒に

素敵なお庭があります。

季節の野菜を収穫して利用者の皆さんと食べているそうです。

明るくて開放的なリハビリ風景の写真をたくさんご紹介していただきました。

「リハビリ」って、一般的には

辛い、痛い、続かない、なんてイメージありますよね。

先生は『出来る限り具体的な目標をたてる』ことが大切だ、とおっしゃいました。

ただ「歩けるようになる」ではなく、

「○○デパートに買い物に行く」

「電車に乗って孫に会いに行く」 などなど・・・。

その行為のためには何をすればよいのか?が明確になり、

達成されたか否かの判定もしやすい、とのこと。

目標は全スタッフが共有し、ことあるごとに口にする。

小さな変化も見落とさず、具体的に褒め、一緒に喜ぶ。

利用者のモチベーションの維持には欠かせないスタッフ同士の連携プレーですね。

私たち園芸療法の実践者にとっては、

お庭で行われている園芸作業が、

お日様の光をたっぷりと浴びながら体力の維持向上を図り、

時には少々キツイ姿勢になったり、体のバランスをとったり、

立ったりしゃがんだり手を伸ばしたり・・・

利用者さんの目標達成のためにしっかり貢献していることを、

改めて実感させていただけるお話でした。

講義の後半は、理学療法の視点から、

体が動く仕組みについて解説していただきながら、

実際に自分たちのカラダを使って確認をしました。

Dcf00002

園芸の中での様々な作業のひとつひとつを大切にしながら

リハビリテーションに結び付けていくヒントをたくさんいただいた気がします。

Img_1421

記 : 田渕

« 第18期スタディコース 応用実践第5回 STEPUP講座vol.12 | トップページ | スタディ18期 応用実践コース 第7回 »

スタディコース」カテゴリの記事