« スタディ18期 基礎コース 第15回 | トップページ | スタディ18期応用実践第2回 »

スタディ18期 応用実践コース 第1回目

2012年9月11日(火)sun

○○ 午 前 ○○

『園芸実習11-秋冬野菜の育て方1』

講師: 山 浩美先生

    (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長

     恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

応用実践コースの初日は、

9月だというのに厳しい残暑sun

ベルガーデンの桜の木の下には、

心地の良い風が吹き抜けます。

Img_1228

実習 ・ 大根の種まき(赤ダイコン・秋風(白))

① 直播 : 畝に一か所三粒点まきしました。

Img_1232_2

② 土袋を使って・・・

   2/3位 土を入れ、三粒点播きしました。

   (袋に穴をあけ、口は折り返す)

Img_1234_2

Img_1236_3


モロヘイヤ、ピーマン、インゲン、ミニトマトを

収穫しました。

Img_1229

記 :向井

○○ 午 後 ○○

「園芸療法概論7-コミュニケーション」
講師 : 薄羽美江 先生 ((株)MC Planning 代表取締役)

スタディコース18期生、本日より後期。応用・実践コースへと進みました。

第1回目は、「実りあるコミュニケーションについて」。

講師の薄羽先生は、常に笑顔が絶えることなく、

お話されるコトバのひとつひとつが綺麗で、とても素敵な女性です。

Img_1239

コミュニケーションの第一歩は第一印象。

社会人として、また、これから共に何かを始めるにあたっての

相手や周囲に与える第一印象はとても重要。

明朗感。健康感。清潔感。信頼感。

身だしなみや姿勢、立ち振舞い、表情に配慮することが重要なポイントだそうです。

なるほど。いつお会いしても素敵なはずです。

ごくごく当たり前のことなのかもしれませんが、気を抜かず常に意識することが大切ですね。

そして、その新たに出逢ったコミュニケーションを「成功」につなげる方法を、

先生のご専門のビジネスマナーや仕事の成功法則に沿ってお話してくださいました。

園芸療法士や園芸ボランティア、一見ビジネスとは異なる場面と考えられますが、

「ビジネスの成功」 = 「コミュニケーションの成功」 を意味することがよくわかります。

人がうごく、志を共にする、時間の有効活用、的確な判断力、ホスピタリティ、誠意 ・・・ 

とても良お手本です。学ぶべきところは多いと感じました。

講義の後半は、各自で50問のコミュニケーションチェックをして、

Study  Speed  Smart  Sincerity  Smile の「5S」の五角形チャートを作りました。

さて、どんな五角形になったかな?そして今後どんな形に変化していくのか、楽しみですね。

今日の講義は冒頭から全般にわたって、先生が取り組まれている東北支援プロジェクト

「シロクマカフェ」のお話がちりばめられていました。

Img_1242

きっかけ、企画、まわりへの呼びかけ、「ムリ」とは言わずにどうしたら実現可能かを考える、

行動力、まわりへの影響、まわりの人々の変化、実際の反響・・・

とても具体的な成功例と、パンフレットから伝わってくるイメージ。

私にだって何かできるかも!と、背中を押されたように感じたスタディ生も多かったのでは?

大きなシロクマにハグされたような温かい講義でした。

Img_1244

みなさん、今日も笑顔で!!

記 : 田渕

« スタディ18期 基礎コース 第15回 | トップページ | スタディ18期応用実践第2回 »

スタディコース」カテゴリの記事