最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« スタディ18期 基礎コース 第13回 | トップページ | スタディ18期 基礎コース 第15回 »

スタディ18期 基礎コース 第14回

2012年8月7日(火)sun

○○ 午 前 ○○

『園芸実習10-土の再生、流しそうめん』

講師: 山 浩美先生 (㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・

              恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

◎実習◎

土の再生 生ゴミから堆肥を作る

①生ごみを細かく切って、米ぬかにまぶす。

Img_1154


②牛乳パックに、

  古土1/4→生ごみ1/2→さらに古土を入れ、

  ぴっちり蓋をして、ガムテープで封をする。

Img_1157

③夏は日陰で1か月、冬2~3か月熟成させる。

注意danger タマネギの皮や、柑橘系の皮は、NGですよ!

記 :向井

**** 流しそうめん ****

Img_1161

Img_1167_2

○○ 午 後 ○○

『クラフト加工実習2-染色(藍染め)、苔玉づくり』

講師: 田渕 清美先生 (アトリエClover・JHTS園芸療法コーディネーター)

Img_1169

夏の恵みをそうめんと一緒にいっきに体へ流し込み、

午後の講義はクラフト加工実習です。

毎年恒例の藍の生葉染めと苔玉づくり。

今年もベルガーデンの涼しい木陰のもとで行うことができました。

Img_1172

クラフトファームですくすくと育ったタデアイを惜しげもなく

バサバサと刈り取って、たっぷりと一人60グラムも使用。

手もみで染液を絞り出し、とてもキレイな空色のストールが出来上がりました。

Img_1171

苔玉づくりはたっぷりと贅沢な材料に苦戦する様子もどこか楽しげです。

Img_1173

Img_1174_2

涼しげな苔玉がたくさん完成しました。

Img_1178

しっかりと水やり管理をして夏越ししてくださいね。

Img_1180

毎度まいどクラフトの日はハードスケジュールですみません。

しっかし・・・いくら大きな桜に包まれているとはいえ、

午前中からまる一日をベルガーデンで過ごすのは初めてでしたね。

さすがのスタディ生も少々グッタリ気味・・・

たいへんたいへんお疲れ様でした。

記 :田渕

 

 

 

« スタディ18期 基礎コース 第13回 | トップページ | スタディ18期 基礎コース 第15回 »

スタディコース」カテゴリの記事