« スタディ18期 基礎コース 第3回 | トップページ | スタディ18期 基礎コース 第5回 »

スタディ18期 基礎コース 第4回

2012年5月15日(火)cloudのちrain

○○ 午 前 ○○

『共働舎施設実習1-夏野菜を育てよう』

講師: 萩原 達也

(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

     澤田 みどり

いよいよメンバーさんとの実習が始まりますhappy01

今回一緒に育て収穫パーティーを目指す野菜は、

ラディッシュ、小カブ、つるなしいんげん、

モロッコいんげん、菜芯、モロヘイヤ、ミニトマト、ピーマンです。

メンバーさん、実習生、それぞれについて

目的が設定されています。

Img_0871


緊張の中初対面を果たし、グループ名を決め

本来なら畑へ行き草取りや種播き、苗植えの

はずでしたがあいにくの雨模様。

Img_0875

Img_0872

急きょテラスでのいんげん豆の種ポット播きへ変更。

残りの時間は、澤田先生のアイデアで室内にて

「テルテル坊主作り」

急きょ用意した材料で作りましたが、

見事な?ユニークな?テルテル坊主が

12個出来上がりました。

メンバーさんと17期生の共同作品のカレンダーの上に

メンバーさんと18期生の共同作品テルテル坊主が

見事にぶら下がりました。

Img_0885

これから1年間のお天気をよろしくお願いいたします。

Img_0883_2

実習を終え、評価会へ

うまくコミュニケーションがとれた方、

とれなかった方とさまざまでしたが、

みなさんアセスメントという目的を意識しながら

実習にいどんでいたようでした。

萩原施設長からは、

「みなさんの緊張がメンバーにそれほど伝わることなく、

自然体でいた。」という評価をいただきました。

澤田先生からは、「先入観なく関われていた」

という高評価と同時に、

「もっと植物についての下調べをするなど

ツールを大切に使って欲しい」

「今日のアセスメントをしっかり活かし、

考え、工夫して次回につなげるように。」

とアドバイスもいただきました。

みなさん、来週もがんばりましょうね❤

記: 田渕

« スタディ18期 基礎コース 第3回 | トップページ | スタディ18期 基礎コース 第5回 »

スタディコース」カテゴリの記事