« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

17期スタディコース 第10回

12月13日(火)

共働舎施設実習4-『秋冬野菜の収穫パーティ』

バイザー:澤田みどり(当会代表理事)  山田洋子(当会理事)

       鈴木康介 (共働舎職員)

秋にみんなで種まきをした野菜の収穫パーティです。

昼休みを利用して利用者さんと草を取り、

間引きをして育ててきました。

Img_0596

この収穫パーティは、スタディ生のプログラムです。

時間の使い方、作業の内容、なによりも楽しめるように・・・

事前に考えることは山ほどあります。

まずは畑に行って収穫、そして調理が始まります。

とっても和気あいあいと楽しそう。

利用者さんと日々関わる中で得たものは大きいようです。

スープや味噌汁、サラダなど各グループの力作をみんなでいただきます。

無事に楽しく終わることができたことも

スタディ生の自信となるでしょう。

年が明けたらいよいよスタディコースもあとわずか・・・

今日はみなさんお疲れさまでした。  記:山田
 

第17期スタディコース 応用実践 9回

2011年12月6日(火)

〇〇 午 前 〇〇

『園芸実習16-冬の室内園芸の楽しみ方』

講師: 山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室代表取締役社長・

 恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

今年最後の実習は・・・

昨年作った未熟な腐葉土に

米ぬか、水を加えて 目指せ完熟!

Img_0575

Img_0579

Img_0581

Img_0582

今年最後の収穫は、

またまた大きな大根・人参・チンゲン菜

ワサビ菜・ルッコラ!

Img_0585 Img_0586

持ちきれない程!!

Img_0589_2

記: 向井

〇〇 午 後 〇〇

『園芸療法概論8・9-リスクマネージメント・年間プログラム作成』

講師: 澤田 みどり先生

(恵泉女学園大学人間社会学部特任助教・JHTS園芸療法スーパーバイザー・

 当会代表理事)

Img_0590

4月から始まったスタディコースもいよいよあとわずか・・・

園芸療法の基礎知識を学び、多くの先輩実践者の話を聞き、

自らも施設で園芸療法の実習を経験しました。

自分が経験した実習を振り返りひやりハッとした出来事を書き

だし共有し、実習での場面を例を出しながら、事故が起きる原因を探ります。

十年以上もさまざまな施設でスーパーバイザーとして実践者や施設に

アドバイスしてきた澤田みどり代表理事だからこそ事故のない適切な

活動を提供することの大切さを痛感しているのだと思います。

つい力が入って力説!!

スタディ恒例の年間プログラムの作成について。

実践現場を想定して、活動を現実のものにするための一歩

ファイト!!

第17期スタディ応用実践コース 8回

2011年11月29日(火)

〇〇 午 前 〇〇

園芸実習15-『腐葉土について』

講師:山 浩美先生

ポイント

腐葉土作りに必要なのは・・・・

✿水分・養分・温度

適さないのは・・・・

✿イチョウ・松・杉・おがくず

実習1

ベルガーデンにチューリップの球根、

花苗(ビオラ・ノースポール等)を植えました。

Img_0556

スイートピーの種(一晩給水)を蒔きました。

Img_0559

大根の収穫

Img_0561

Img_0563

9/6に蒔いた小さな種からこんな立派な大根が!

感激!!

記: 向井

〇〇 午 後 〇〇

クラフト加工実習3-『クリスマスの飾りと、お正月飾り』

講師: 高橋 清美先生

   (アトリエclover ・ JHTSコーディネーター ・ 11期生)

高橋先生は、複数の高齢者施設や学校などで

園芸療法を行っている、実践者です。

Img_0569

今日のクリスマスリース作りの実習も、

自分で考えて工夫して作る楽しさを感じることがメイン。

Img_0568

とはいえ、初めてリース作りに挑戦した方にとっては、

リース台を作ることも一苦労・・・

Img_0571

個性的なリースが次々と出来上がりました。

とっても素敵ですね。

Img_0573

みなさん、笑顔と充実感がいっぱいです。

お疲れ様でした

  

第17期スタディ応用・実践コース 7回

2011年11月19日(土)

医療・リハビリテーション関係講座4-

        『医学概論・精神医学・解剖学』

講師: 髙江洲 義英先生

  (当会顧問及び、日本園芸療法学会・いずみ病院理事長

                日本芸術療法学会理事)

毎年、沖縄から来てくださる髙江洲先生は、

現役の精神科医で長きにわたって、

心の病の治療にあたっています。

生涯、医療人としての心得を話してくださいました。

そして精神疾患を、頭の中にいれておくことが大切だと思います。

聞きなれない専門的な言葉に・・・ちょっとギブアップ気味

でも、その精神症状と状態を実際の患者さんの例にあげて

説明して下さり、とってもわかりやすく理解できました。

午後からの解剖学は実際に体を動かしながら、

筋肉・骨・臓器の働きを学びました。

沖縄 いずみ病院で実際におこなわれている、

園芸療法・芸術療法を多くの写真を見ながらの

紹介は大変興味深く、行ってみたいとおもいまし

 記:山田 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »