« 17期スタディコース 第15回 | トップページ | 17期スタディコース応用実践 第2回 »

17期スタディコース応用実践 第1回

2011年10月4日(火)sun

〇〇 午 前 〇〇

園芸実習11-『秋冬野菜の育て方2』

講師: 山 浩美先生

 応用・実践コースが始まりました。

作業日和の上天気sun

Img_0392

今回は、耐寒性の強い

「葉もの野菜」

の種まきですhappy01

ガーデンレタス・フダンソウ・シュンギク

コウサイタイ・ナバナ をすじまきに、

Img_0394

ワサビ菜は、苗を移植しました。

Img_0396

バケツ稲の収穫をしました。

Img_0402

お正月飾りに使えそうですか~?

記: 向井

〇〇 午 後 〇〇

園芸療法概論7-『コミュニケーション』

講師: 薄羽美江氏(株式会社MCplanning代表取締役)

スタディコースもいよいよ後半戦に入ってきました。

これまでの基礎コースを終え、これからはより実践的な講座となります。

応用実践コース1回目の講座です。

今日の講師の薄羽さんは国内外のブランド企業の最前線で、

販売スタッフ教育を行うコンサルティングトレーナーとして

ご活躍されています。

Img_0404

園芸を手段として人と関わる園芸療法も

人との関わり方が一番の悩みどころ。

相手に映る自分を意識して話すことが大切だといいます。

姿勢や、目線、口調などすべてがメッセージなのです。

日ごろ私たちはそのように意識して過ごしているでしょうか?

次に自己分析

「~したい。」「こうなりたい。」を実現するためには

どうすればよいのか?立ち止まって考えることも大切だと

学びます。

Img_0403

最後に、ひとりひとりビデオカメラの前で、

園芸療法を学ぶことになった動機を話しました。

動機はさまざまですが、こうなりたい・・・という

想いが伝わりました。

スタディ生のみなさん お疲れさまでした。

記:山田

« 17期スタディコース 第15回 | トップページ | 17期スタディコース応用実践 第2回 »

スタディコース」カテゴリの記事