« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

第16期スタディ 応用実践コース 第9回

2010.11.30(火) 

             □■□■□ 午  前 □■□■□

『園芸実習17-腐葉土作り』

講師 : 山 浩美先生

明日から師走!

紅葉も盛りを過ぎ、落葉の時季となりました。

ベルガーデン・公園、各自持ち寄った落ち葉で腐葉土作りです。

① 土袋に落ち葉を入れ(マツ・スギ・おがくず・イチョウは×)、米ぬかをまぜ入れ、水をかけて湿らせ、口を緩く縛ります。

Cimg0837

② ベルガーデンの花壇にパンジーを、間に球根(チューリップ・ムスカリ・アリアム等)を植えこみました。

Cimg0844

③立派な大根が収穫できました。

Cimg0843

記 向井

            □■□■□ 午  後 □■□■□

クラフト加工実習「クリスマスリース作り」

 講師 : 高橋清美先生

    (園芸療法コーディネーター、アトリエclover

  基礎コースでもお世話になった高橋さんは複数の高齢者施設や学校で

  園芸療法を行っている実践者です。

  Cimg0848

  今日のクリスマスリース作りの実習も、自分で考え工夫して作る楽しさを

  感じることがメイン。とはいえ、初めてリース作りに挑戦した方に

  とっては、リース台を作ることも一苦労・・・

Cimg0846

  でも苦労の甲斐があって、個性的なリースに仕上がりました。

  そこに、もみの枝や松ぼっくり、綿花など飾りつけます。

Cimg0855

  素敵なリボンをつけて出来上がり、

  

Cimg0857

  

  みなさん、笑顔と充実感いっぱいです。

Cimg0861

Cimg0860

  この気持ちが大切、みなさんお疲れさまでした。  記:山田

  

第16期スタディ 応用実践コース 第8回

1120日(土)

  医療リハビリティーション関係講座4

 「医学概論、精神医学、解剖学」

 講師:高江洲義英先生

  (当会顧問、日本園芸療法学会及びいずみ病院理事長、

               日本芸術療法学会理事)

 毎年、沖縄から来てくださる高江洲先生は、現役の精神科医で

 長きにわたって心の病の治療にあたっています。

 生涯、医療人としての心得を話してくださいました。

 そして精神疾患を、頭の中に入れておくことが大切だといいます。

 聞きなれない専門的な言葉に・・・ちょっとギブアップ気味

 でも、その精神症状と状態を実際の患者さんの例にあげて

 説明してくださるととってもわかりやすく理解できます。

 

 午後からの解剖学は実際に体を動かしながら、

 筋肉、骨、臓器の働きを学びました。

 

 沖縄、いずみ病院で実際に行われている

  園芸療法、芸術療法を多くの写真を見ながらの

 紹介は大変興味深く、行ってみたくなりました。  記:山田

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »