« 第16期スタディ応用・実践コース 第2回 | トップページ | 第16期スタディ 応用・実践コース 第6回 »

第16期スタディ応用・実践コース 第4回

2010年10月5日(火) sun

□■□■□ 午 前 □■□■□

『園芸実習13-球根の育て方』

講師 : 山 浩美先生

秋植え球根チューリップは、11月に冬咲きの花苗と

一緒に、植えます。

ヒヤシンスは、各自水耕栽培に挑戦します。

**** 作 業 ****

葉物の苗は、隣の葉がふれない程度に間引きをし、

土寄せをします。

20101005_4_003

大根は、本葉が5~6枚になったら、

一本立ち!

害虫駆除も!

20101005_4_005

さらに、アスパラ菜、小松菜、ルッコラ、

春菊をすじ播き。

記: 向井

□■□■□ 午 後 □■□■□

『園芸療法概論7-コミュニケーション』

講師 : 薄羽 美江先生

(株式会社MCプランニング代表取締役)

薄羽さんは国内外のブランド企業の最前線で、

販売スタッフ教育を行うコンサルティングトレーナーとして

ご活躍されています。

20101005_4_009

園芸を手段として人と関わる園芸療法も

人との関わり方が一番の悩みどころ。

「~したい。」「こうなりたい。」を実現するための法則と、

対人関係への配慮あるコミュニケーションマナーを

教わりました。

相手の目を見て話すことは、まず、自分の姿が相手の

目の中にきちんと映っていることが大切だといいます。

日本人はつい目をそらしてしまうことが多いのだそうです。

薄羽さんの眼力には本当に引き付けられます。

次にひとりひとりビデオカメラの前で、

自己紹介と一番うれしいと感じることを話します。

20101005_4_010

客観的に自分を見るなんてなかなかない経験です。

そして今現在の自分のコミュニケーションチェック。

自分を見つめなおし、明日につなげるご講義でした。

記: 山田

« 第16期スタディ応用・実践コース 第2回 | トップページ | 第16期スタディ 応用・実践コース 第6回 »

スタディコース」カテゴリの記事