« 16期スタディコース 第12回 | トップページ | 16期スタディコース 第14回 »

16期スタディコース 第13回

2010年7月20日(火) sun

   □■□■□  午 前  □■□■□

『園芸実習9-屋上庭園管理』 

講師 : 山 浩美先生

梅雨明け後真夏の陽射しが降り注ぐ1日・・・

ベルガーデンには、心地良い風が吹きぬけます。

除草とペニチュア切戻し等など花壇整備後の後、

Cimg2025

畑の除草、ミニトマトの支柱立て直し、オカヒジキの種まきを

しました。

ミニトマト、おかひじきの収穫も・・・

Cimg2028

涼しい室内で、屋上庭園管理の講義を受けました。

屋上緑化のメリットは、夏涼しく、冬暖かい!

でも・・・

安全対策、客土、植栽選び等、考慮すべき点が

色々あります。

記 : 向井 文子

  □■□■□  午 前  □■□■□

『社会福祉講座-1 ボランティア論』

講師 : 枝見太朗先生   

      (財団法人富士福祉事業団理事長)

  

   ボランティアの理念について学びました。
 日本の社会の変化にともなって、これからますます
 ボランティアやNPOの役割は重要になるといいます。

 ボランティア活動の5原則の中で心に残ったのは、
 自主性・・は人として責任を果たせるものに与えられる自由であり
 自分勝手とは正反対の意味であること

 そして、無償性とは生まれたばかりの子供に抱く親の感情であり
 ありがとう・・・という言葉さえ期待しないものであるということ。
 ボランティアをしていて、ありがとうの言葉をつい励みにしてしまう
 自分。でも、ありがとうとうい言葉さえ表わすことができない人も
 いるんですよ。
 という言葉にハッとした方もいるのではないでしょうか・・・

 枝見さんは縁あってマザーテレサと長きにわたって活動を共に
 されていました。その中で得た実感がそのまま言葉になって
 伝わっているようでした。

 記 : 山田

  

 

« 16期スタディコース 第12回 | トップページ | 16期スタディコース 第14回 »

スタディコース」カテゴリの記事