« 16期スタディコース 第10回 | トップページ | 16期スタディコース 第12回 »

16期スタディコース 第11回

7月6日 
      ■□■□ 午 前 □■□■
 園芸実習「夏の植物管理」  夏野菜の収穫パーティー
 講師:山浩美先生
 

 蒸し暑い梅雨空、雑草の発育は旺盛で、畑作業の
 草取りがメインになります。

Cimg1977

 じゃがいも、いんげん、トマト、おかひじきを収穫ました。
 その後、畑を整えて、ミニごぼうのタネを播きました。

Cimg1978

 夏の管理は、いかに植物の特徴に合わせた環境を
 作ってあげられるか・・・
 風通しや遮光など工夫し、水やりの時間も大切です。

Cimg1982

 そしてお待ちかねの持ち寄りパーティ
 取れたてのじゃがいもをゆで、収穫した野菜でサラダつくり
 みんなで楽しみました。

Cimg1981

     ■□■□ 午  後 □■□■
 

 園芸療法実践講座「精神障害者の福祉と園芸療法」
 講師:村山恵子先生(当会スーパーバイザー、
               大泉病院、たきざわ苑など実践者)

 

村山さんは当研修会の3期生としてスタディコースを学んだ後、
 アメリカでも園芸療法を学び帰国されました。
 大泉病院という精神科の作業療法科に勤務されて10年、
 他にも高齢者の施設など多数で実践者として活躍されています。
 そんないきさつや活動紹介をお聞きしました。

Cimg1985

 その後、大泉病院の作業療法士の渡辺さんに
 精神障害をもった患者さんのさまざまな症状や
 生きづらさについて わかりやすく教えていただきました。

Cimg1987_2

 村山さんとチームを組むことで以前より、
 園芸に幅が広がただけでなく、
 患者ひとりひとりに沿った園芸が出来るようになったと
 話されていたことが印象に残りました。記:山田

  

« 16期スタディコース 第10回 | トップページ | 16期スタディコース 第12回 »

スタディコース」カテゴリの記事