« 園芸クラブ 2週続けてのトマトの収穫 | トップページ | 15期スタディ療法第9回 »

15期スタディ園芸第10回

9月8日(火)

********** 午 前 **********

◎◎秋野菜の育て方◎◎ 講師: 山 浩美先生

ダイコンの種まきをしました。

栽培のキーワードは、深耕(深く耕す)・精耕(よく耕す)です。

Cimg0853

畑には『耐病総太(青首)』『紅心大根』を

一ヶ所3粒点まきしました。(後で間引きします。)

畑がない深いプランターがない

そんな時は、【土袋】を利用して栽培出来ます。

Cimg0851

『聖護院』を同様に3粒点まきしました

本日の収穫物

Cimg0856

オカヒジキ

ニンジン(葉)天ぷらにするととても美味しいですよ

ミニトマト

インゲン

空心菜

スタディ生のご自宅のお庭でとれたカボス

穫れたて野菜はオ・イ・シ・イ   記:向井

********* 午 後 **********

◎◎ベランダ園芸・プランター栽培◎◎

講師: 深町 貴子先生

(スタディ1期生・グリーンライフ・タカ オーナー・

 東京農業大学非常勤講師)

Cimg0860

当会1期生でもある、深町貴子先生です。

人なっつこい笑顔で自己紹介の後、

スタディ生に次々質問。 

「午前中はどんなものを収穫してきたの?」

  『おかひじき・かぼちゃ・イネ・ひまわりなどなど・・』

「植物のどんな時が好き?」

  『発芽した時

「うんうん、わかるわかる。可愛いよね~」

ひとりひとりへの質問に、

シャイなスタディ生からは珍回答が続出!

「今日持って帰るヒマワリ、それはとらなかったらどうなるの?」

  『んー?腐る、かなぁ・・』

「え~そんなぁ、腐っちゃうの?」

   大爆笑

あっという間に心の距離が近くなります。

Cimg0861

栽培のために必要なことは、

その植物について良く知ること。

植物の声をよく聞くこと。

先生の言葉は、育てている野菜や花の顔が

目に浮かぶようです。

“育てる”って、植物であれなんであれ同じことなんだなぁ~

と思いました。

貴子先生は仰ります。

植物のお陰で自分の世界が広がった。

植物が好きというよりも、人が好き。

だから、もっともっと植物のことを知り、

たくさんの人と仲良くなりたい。

植物のことを伝えることでコミュニケーションの輪が

どんどん広がって、

こんな良い時間をたくさんつくれるようになりたい。

これが私の生きかた。

誰もが、ステキだなぁと思ってのではないでしょうか?

どうもありがとうございました。記:山田 

« 園芸クラブ 2週続けてのトマトの収穫 | トップページ | 15期スタディ療法第9回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 園芸クラブ 2週続けてのトマトの収穫 | トップページ | 15期スタディ療法第9回 »