« 15期スタディ園芸 第6回 | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第7回  »

15期スタディ療法コース 第6回

こんにちは。

7月4日に行われた、スタディコースの報告を致します。

午前中は深町康志先生による道具の工夫、午後も深町先生による環境整備です。

Dsc05820

  宜しくお願い致します。

園芸療法を行ううえで、道具の選び方、使い方を少し工夫するだけで、当事者の方が作業しやすくなる、園芸作業に興味をもつなどの効果が得られることを教わりました。

Dsc05823

  色の見え方の違いによる、色の選択の考察。

Dsc05824

  様々な道具たち。

道具を選択する際に重要なことは、その活動の目的を明確にし、その目標を達成するのにはどのような道具を用いたらよいのかということでした。

午後にはアメリカの園芸療法を行っている現場のスライドを見ながら、そこでの環境の工夫を説明いただくとともに、会場の屋上にあります園芸療法の現場を見て、そこで気づいたことなどをディスカッションしました。

Dsc05828

Dsc05831

  あっ、ダメだしされてしまった・・・(品福担当)

最後に、園芸コースなどで使用されているベルガーデンの作られた経緯、意図、目的などを、当時の画像を見ながら説明してくださいました。

Dsc05832

  現在のベルガーデンができたのは、4年前です。

次回は、夏休み前最後の療法コースです。大変な夏の課題の説明もありますので、15期の皆さん、覚悟して参加してください。(笑)

« 15期スタディ園芸 第6回 | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第7回  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15期スタディ園芸 第6回 | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第7回  »