« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

第34回研究会が群馬でありました。

6月27日(土)群馬の会員薩摩洋一さん

が開設している通所介護施設園遊亭にて

実践者による事例発表がありました。

まずは薩摩さんの施設と庭園を見学し、

Cimg0677_2

玄関横の格子戸を抜けると庭園が・・・

Cimg0678_3

利用者が散策できるように工夫が・・・

Cimg0681_3

テラスからすぐに野菜やハーブが手に取れます。

Cimg0676_3

施設での活動の様子や想いをありったけ・・・

ご自分も楽しまれているようすが伝わってlきます。

その後、群馬で活動されている会員による5施設の

事例発表がありました。苦労や悩みだけでなく、

実践をかさねて気付いたこと 大切にしていること

次の展開についてなど映像をみながら話してくださいました。

Cimg0683_3

社会福祉法人恵林 森の泉 園芸くらぶ

 櫛川千絵さん 

JHTS専門認定資格コーディネーター

一緒に活動されているご主人、黛さんも参加されました。

Cimg0684_2

有料老人ホームグランドホームカペナウム

 頭士智美さん

Cimg0686_2

介護老人保健施設ふじあく光荘

 川井文枝さん 

JHTS専門認定資格コーディネーター

Cimg0687_2

特別養護老人ホーム榛名憩の園

 田根育子さん

JHTS専門認定資格コーディネーター

 

Cimg0689_2

特別養護老人ホームながまち荘

 舟山弘子さん

JHTS専門認定資格コーディネーター

舟山さんは榛名憩いの園の立ち上げも

されました。

Cimg0692

研究会終了後はみんなで楽しい懇親会

薩摩さんのお手製の山菜や野菜のかずかずも

テーブルに並びました。

群馬のみなさん、お疲れ様でした。

〜晴れても雨でも 楽しむブルーベリー〜

24日の水クラは参加者からのアイディアで近くの観光農園にブルーベリー狩りを企画していました。
しかし当日は残念ながら大雨。ブルーベリー狩りは延期となり、室内での活動となりました。

【水クラ 6.24エピソード 〜晴れても雨でも 楽しむブルーベリー〜】

「いや、雨になっちゃったね」
「こればっかりはしょうがない」などと挨拶が交わされ、
活動開始に向けて、みんなが集まるのをまっている中…

地域ボランティアさんのTさんがご自宅の庭から季節のお花を摘んできて
みんなが集まるテーブルに飾っておいてくれた。

さっそくそれを見つけたお年寄りたちは
「あら、どこに咲いてるお花?」
「綺麗だわ~」とお仲間と鑑賞していたとき。

その中にいたOさんが、
その花々の中にまだ青いブルーベリーの実が付いた木があるのに気がついた…。
「あらァ~、どこの摘んできたの?まだ食べるのには早いな…」と出所を聞いている。
ボラTさん。「うちの庭で育ってるんですよ」
Oさん「ベルガーデンのかとおもった。あれはいつ食べれるのかと狙ってるんだから…(笑)」と、
冗談を飛ばす。
するとすかさずお仲間のYさんが
「うちのはもうすでに色が濃くなったから採ったよ」
Oさん「あら、美味しかった?」
Yさん「それが嫁さんが全部食べちまったんだよ~」とちゃんとオチをつけてくれました。
「今日いく予定だった農園のブルーベリーはとっても大きくてうまんだって」
お年寄り「じゃ、来週こそは晴れを祈らないとね」
「そうだそうだ」「楽しみだね~」

2年越しの計画だったブルーベリー狩り、
「延期」になり残念がるのもつかの間、すぐち「笑い」と「希望」に変わる水クラです。

来週までの1週間、天気予報が気になります

10
★2年前に、大好評だったブルーベリー狩り。
ベルガーデンのブルーベリーの様子を観察するたびにこの日の思い出が大きな話題になってます。

-0-0-@JHTS

15期スタディ療法コース 第5回

6月20日(土) 

  講師:当会代表 澤田 みどり   

      ********** 午 前 **********

◎◎園芸療法概論7-記録と評価/夏の課題

  記録はなぜ必要なのでしょう?

という問い掛けから始まり、

誰が見ても必要な情報が読み取れる記録であることの

大切さを学びました。

036

正確な記録をもとにクライアントに合った目的が

見えてきます。

まずはここから・・・・

それぞれの自己の園芸活動経験・興味調査も

行ってみました。

********** 午 後 **********

◎◎園芸療法概論8-ロールプレイ◎◎

障害体験を兼ねた挿し芽と種まきを行いました。

二人一組になって、

セラピストとクライアントの役にわかれ

ロールプレイ(役割演技)をします。

031

最近全盲の障がいを持った方や片麻痺に

なってしまった方、認知症の症状を持つ方など、

様々な想定のもと

カイワレ大根の種まきとハーブの挿し芽作業を行いました

032

午前の講義をふまえて記録と感想を

発表して終了

              記:山田

*********************

聴講・受講受付中です。

次回の療法コースは、

7月4日 講師:深町 康志先生

午前・園芸療法概論5-道具の工夫

午後・園芸療法概論6-環境整備   です。

詳しくは、お気軽に事務局までお問合せ下さい

 MAIL :info@jhts.jp

TEL/FAX:045-805-3663

*********************

15期スタディ療法コース 第1回 実習

6月16日(火)

●●療法コース初めての実習プログラム●●

バイザー:共働舎施設長 萩原達也さん
       当会代表 澤田みどり

プログラム:押し花、押し葉をつくろう! 草取り

午前中は萩原さんより

実習に協力してくださる施設利用者の方々について、

澤田代表より

実習プログラムの内容や流れ、

注意事項を聞き 打合せと場面設定を行いました。

今回は初回なので最初の出会いとしての関係作りと

相手を良く知ることが目的となります。

Cimg0597

朝からみんなちょっと緊張気味・・・・・

午後は実際に4人一組になって

さっそく共に活動します。

Cimg0599 

お互い緊張していた顔からみるみる仲良くなって

笑顔になっていくのがわかります

利用者のみなさんに助けられた1回目の実習、

緊張でお昼が喉に通らなかった研修生も・・・・

みなさんお疲れ様でした

               記 山田

******************

受講・聴講 受付中です。

詳しくは、事務局までお問合せ下さい

******************

15期スタディ療法コース 第4回

6月6日(土)

この日は、午前午後とも園芸三昧な1日でした   

  ******** 午 前 ********

◎◎生活と園芸◎◎ 講師:山 浩美先生

山先生の子ども時代からの植物との関わりについて

お話しして下さいました。

Cimg0586

大学で学ばれたことや植物園での修行時代・・・・

そして今に至るまでやってきたことは、

何ひとつ無駄になることはなかった!

人と関わる園芸が楽しい!納得ですよね。

     ******** 午 前 ********

◎◎園芸療法概論4-植物の選択◎◎

  講師: 山 浩美先生 ・ 澤田 みどり先生

事前に宿題と出されていた植物の選択リストの

完成を目指しました。

Cimg0589

栽培方法や成長の早さ、行事、対象者の状態に

合わせて有効に使えるもの、

また注意が必要なものを調べてきていました。

スタディ生のみなさん、お疲れ様でした。

たくさんの植物の名前があがりました。

Cimg0588

山先生に補足していただきながら進めることが

できました。

この1年でリスト数はまだまだ増えていくことを

期待したいと思います

                  記 山田

 

15期スタディ園芸コース 第5回

6月9日(火) 

     ******** 午 前 ********

◎◎病害虫駆除◎◎ 講師:山 浩美先生

梅雨入り間近

園芸作業には最適な薄曇り

バケツイネの芽が大分大きくなりました。

Cimg0590

3本ずつまとめて田植えです。

Cimg0591

幸い風もなく・・・・ベルガーデンのシンボル桜の木に

薬剤散布をしました。

Cimg0593

手動・噴霧器で、より高く より遠くへ・・・

     ******** 午 後 ********

◎◎ハーブ栽培とその利用1◎◎

  講師:鈴木 悦子先生

当会の理事でもあり、ジャパンハーブソサイティでも

ご活躍の鈴木悦子先生のご講義です。

今回は、ハーブの花束

『タッジーマッジー』を作りました

Cimg0594

今回もハーブの心地良い香りに包まれて

の作成です。

とても癒されますね

『タッジーマッジー』は、もともと

手のひらに乗るほどの小さな束で

殺菌性と芳香があるハーブで

伝染病から身を守る為に

持ち歩く花束として利用されていたようです。

Cimg0596 

また、取り合わせる花も花言葉を意識して選び、

花に思いを託して贈ることもあったそうです。

Cimg0595_2

ロマンティックですね

『タッジーマッジー』作りは、

とても楽しく、幸せな気分になれました。

これもアロマテラピー効果かしら・・

******************

受講・聴講 受付中です。

詳しくは、事務局までお問合せ下さい

******************

JHTSサロン 第1回開催記

JHTS広報委員会が会員交流と身近な広報手段の一つとして

計画していましたサロンが5月31日(日)に小石川後楽園で

開催されました。

サロンでは会員の交流だけではなく身近にある植物に

対して理解を深めたり、植物を通した話題づくりをシュミレーション

するなど園芸療法に関わる人たちのスキルアップの場とする予定です。

今回は広報委員の国吉さんからの提案で

「ハナショウブ」をテーマとしました。

13時30分に6名が集まりさっそく園内へ。

ちょうど14時からボランティアの方によるハナショウブの

解説がありましたので、みんなで聞くことにしました。

知ってるようで勘違いしやすいアヤメ科とサトイモ科の違い、

栽培方法、品種などを含めレクチャーを受けながらの

ハナショウブ鑑賞となりました。

しかし残念なことに雨が・・・・・

しかも土砂降りになってしまい、その後の園内見学を

断念することになりました。

今回のサロンは、わずか1時間30分程度で解散せざるをえない

状態になってしまい残念に思います。

今後のサロンは私たち広報委員が随時企画し

会員の皆様へ呼び掛けていきますので機会がありましたら

是非参加をしてみて下さい。

***小石川後楽園正門***

1

***菖蒲田***

2

***ボランティアの解説員によるレクチャー***

3

***8分咲きのハナショウブ***

4

*広報委員会で用意し配布したハナショウブに関する資料*

5

JHTS広報委員会一同より

共働舎園芸クラブ サツマイモの植え付け

こんにちは。園芸クラブのウチダです。

6月3日の園芸クラブでは、前半が畑にてサツマイモの植え付けとリーフレタスの収穫、後半がレタスサラダ作りと試食を行いました。

始めに畝作りです。全員で除草を行った後、畑を耕し、元肥えとして化成肥料をまいた上に畝を作りました。

Dsc05384

  クワを使って、器用に除草する利用者さんもいます。

Dsc05386

  この後に化成肥料をまき、土をかぶせます。

メジャーを使って、30cm間隔でサツマイモの苗を10本植えました。水もたっぷりとあげて今後の生長を願います。

Dsc05388

  毎年植えているので、植え方は問題ありません。

Dsc05390

  水やり担当の利用者さんです。たっぷりあげてね。

去年は早く収穫し過ぎたので量が少なかったので、今年の収穫予定は10月後半から11月です。

前回の活動からの2週間で、リーフレタスがかなり大きくなりました。土が混ざらないように、ハサミでカットし、バケツに入れます。用意したバケツでは足りなくなるほどの大量でした。

Dsc05378

  2週間前の倍ぐらいの大きさに変身。

ちらほらとナメクジが見られましたが、特に葉を食べられることなく収穫できました。梅雨前に収穫してよかったです。

レタスを洗う人、テーブルの準備の人、何もしない人に分かれてサラダの準備です。レタスだけでは少し寂しいので、ボランティアのヤマダさんがニンジンとキュウリを持ってきてくれました。

Dsc05394

  手を切らないよう、慎重にお願いします。

洗ったレタスを全員でちぎってボウルに入れます。ヤマダさん特製ドレッシングと混ぜ合わせて完成です。

Dsc05399

  オイシカッター。

今回は全員参加されたので、ボランティア含めて8人の活動でした。テーブルを囲んで、ワイワイと会話を楽しみながら取れたて野菜を食べられるクラブって、ステキですよね。

次回はエダマメとスイカの定植を行う予定です。

Dsc05380

  左がエダマメ、右がスイカです。

15期スタディ園芸コース 第4回

5月26日(火)    

        ********** 午 前 **********

◎◎花 壇 設 計◎◎  講師:山 浩美先生

① 共働舎の花苗

  (宿根バーベナ・ペチュニア・サルビア 等)を使い、

  ベルガーデン、グループホームの花壇の植え替え

  をしました

Cimg0565

Cimg0564

花壇設計のポイントは、

季節・環境・組み合わせ

Cimg0563

花(葉)の色・形・高さを考えて・・・

Cimg0572_2 

②畑にサツマイモの苗を植めました。

Cimg0567 

 秋の収穫が楽しみです

③ラディッシュの収穫をしました。

Cimg0569_2

 取れたては、本当に美味しいです

        ********** 午 後 **********

◎◎地域福祉と園芸・水曜クラブについて◎◎

講師:生田 純也先生 ・ 澤田 みどり先生

第3回療法コースでもご講義頂いた、

生田先生です。

Cimg0573

Cimg0574

演習・「なんちゃってKJ法」で人がボランティア

    をする理由を考えてみる。

Cimg0578

ポストイットに理由を1枚に1個書く。

頭を柔軟になるべくたくさん理由を

考える。

Cimg0577

グループで順番にポストイットを読み上げ、

似たものをまとめて整理していく。

Cimg0579

まとめたポストイットごとにタイトルをつける。

とても興味深い講義でした。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »