« 15期スタディ療法コース 第1回 実習 | トップページ | 〜晴れても雨でも 楽しむブルーベリー〜 »

15期スタディ療法コース 第5回

6月20日(土) 

  講師:当会代表 澤田 みどり   

      ********** 午 前 **********

◎◎園芸療法概論7-記録と評価/夏の課題

  記録はなぜ必要なのでしょう?

という問い掛けから始まり、

誰が見ても必要な情報が読み取れる記録であることの

大切さを学びました。

036

正確な記録をもとにクライアントに合った目的が

見えてきます。

まずはここから・・・・

それぞれの自己の園芸活動経験・興味調査も

行ってみました。

********** 午 後 **********

◎◎園芸療法概論8-ロールプレイ◎◎

障害体験を兼ねた挿し芽と種まきを行いました。

二人一組になって、

セラピストとクライアントの役にわかれ

ロールプレイ(役割演技)をします。

031

最近全盲の障がいを持った方や片麻痺に

なってしまった方、認知症の症状を持つ方など、

様々な想定のもと

カイワレ大根の種まきとハーブの挿し芽作業を行いました

032

午前の講義をふまえて記録と感想を

発表して終了

              記:山田

*********************

聴講・受講受付中です。

次回の療法コースは、

7月4日 講師:深町 康志先生

午前・園芸療法概論5-道具の工夫

午後・園芸療法概論6-環境整備   です。

詳しくは、お気軽に事務局までお問合せ下さい

 MAIL :info@jhts.jp

TEL/FAX:045-805-3663

*********************

« 15期スタディ療法コース 第1回 実習 | トップページ | 〜晴れても雨でも 楽しむブルーベリー〜 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15期スタディ療法コース 第1回 実習 | トップページ | 〜晴れても雨でも 楽しむブルーベリー〜 »