« 2009年度の共働舎園芸クラブ | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第3回 »

第2回スタディコース報告

5月2日ゴールデンウィークど真ん中の晴れた日、

品川総合福祉センターにて療法コース第2回の講義は

『園芸療法概論1,2 プログラム立案』についてでした。

園芸療法のプログラムを立てる前に考えることとして、アセスメントの重要性や

当事者を知るということはどういうことなのか・・・を学びました。

Cimg0530

お昼休みには、屋上の植物の成長を見に行きました。

前回(4/18)にはまだ、発芽してなかった野菜の種は発芽し

、袋を利用して栽培されているジャガイモは大きくなって花まで咲かせていました。

Cimg0532

Cimg0535 Cimg0533

午後からは、午前の内容を踏まえ、植物栽培一般のなかで、野菜や花の種類や

栽培方法その方に合わせて何を選ぶのか・・

安全に行う為にはどのように環境を整えるのか

その方が納得して作業できる説明とは・・・などなど、プログラムを立案する為に

必要なことについてみんなで意見を出し合いながら考えました。

Cimg0531

次回療法コースは5月19日(火)平日です、水曜クラブや共働舎園芸クラブなど

実際の活動場所での講義になります。

     お楽しみに・・・聴講はOKです。事務局にお問合せください。(記 山田

« 2009年度の共働舎園芸クラブ | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第3回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年度の共働舎園芸クラブ | トップページ | 15期スタディ園芸コース 第3回 »