最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 全員カメラマン | トップページ | 下和泉ケアプラ庭木の手入れ講座 »

草花の寄せ植えとヒアシンスの水耕栽培

本日の中延特養老人ホームの園芸サークルのプログラムは以下の作業を行いました。

  1. プランターに草花の寄せ植え
  2. ヒアシンスの水耕栽培

アリサッムやカレンジュラ、ガーデンシクラメンをハンギングプランターや素焼きのプランターに植えこみました。

アリッサムは、一般的な白と、珍しいレモン色の2色を用意しました。似ている色ですが、並べてくらべると若干色が異なります。

Dsc03952

 ~写真のアリッサムはレモン色です~

ガーデンシクラメンのピンクと、アリッサムの白の組み合わせは、両方を引き立たせてとてもキレイでした。

Dsc03961

 ~紅白で見た目も縁起も良くなりました~

手首を返すのが難しい利用者さんには、通常の土すくいではなく、洗剤についてくるスプーンを使用してもらいました。土もあまりすくえないので、重くもならず、使いやすい様子でした。

寄せ植えの後は、ヒアシンスの水耕栽培です。今回はペットボトルを切って花器に使用します。

ペットボトルの胴体にあらかじめ両面テープを貼り、その上に毛糸を巻きつけます。味気ないボトルが、少しだけ華やかな花器へ変わりました。毛糸の色も数色ある中から、ご自分のお好きな色を選択してもらいました。

Dsc03957_2

Dsc03958

 ~皆さん集中して巻かれていました~

球根の根を各自が水で洗い、いよいよ花器に設置します。ボトルの口が小さかったので根を通すのに手こずりましたが、なんとか完成。1か月もすると、お部屋の中が甘い香りに包まれることでしょう。

Dsc03959

Dsc03960

 ~完成。毛糸のリボンがアクセントになっています~

うちだ

« 全員カメラマン | トップページ | 下和泉ケアプラ庭木の手入れ講座 »

スタッフ・ボランティア派遣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007898/27428836

この記事へのトラックバック一覧です: 草花の寄せ植えとヒアシンスの水耕栽培:

« 全員カメラマン | トップページ | 下和泉ケアプラ庭木の手入れ講座 »