« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

下和泉ケアプラ庭木の手入れ講座

1月24日(土)

 定年からの園芸講座報告

 下和泉ケアプラザにて連続4回の講座が始まりました。今回は2日目でした。

 講師は茅ヶ崎在住の7期生 栗田弘さん。31名の大盛況

 庭木の剪定とは?室内での講義の後脚立の乗りからの実演からおこないました。

Img_0571

やまぼうしの木に登って、いらない枝を落としつつ説明していきます。

見上げる皆さんの顔はキラキラした目をした少年のよう・・・

Img_0575_2

さっそく作業開始!!脚立の安全を確かめたら、剪定を始めます。

みんなでワイワイ賑やかで楽しそう・・・

Img_0578 

女性や高い所はちょっとという方は、つげの剪定を行いました。けっこうはまる!!

Img_0576

3時間の講座はアッと言う間。

晴天の中事故もなく笑顔いっぱいの一日でした。次回が楽しみ

        アシスタント山田でした。

草花の寄せ植えとヒアシンスの水耕栽培

本日の中延特養老人ホームの園芸サークルのプログラムは以下の作業を行いました。

  1. プランターに草花の寄せ植え
  2. ヒアシンスの水耕栽培

アリサッムやカレンジュラ、ガーデンシクラメンをハンギングプランターや素焼きのプランターに植えこみました。

アリッサムは、一般的な白と、珍しいレモン色の2色を用意しました。似ている色ですが、並べてくらべると若干色が異なります。

Dsc03952

 ~写真のアリッサムはレモン色です~

ガーデンシクラメンのピンクと、アリッサムの白の組み合わせは、両方を引き立たせてとてもキレイでした。

Dsc03961

 ~紅白で見た目も縁起も良くなりました~

手首を返すのが難しい利用者さんには、通常の土すくいではなく、洗剤についてくるスプーンを使用してもらいました。土もあまりすくえないので、重くもならず、使いやすい様子でした。

寄せ植えの後は、ヒアシンスの水耕栽培です。今回はペットボトルを切って花器に使用します。

ペットボトルの胴体にあらかじめ両面テープを貼り、その上に毛糸を巻きつけます。味気ないボトルが、少しだけ華やかな花器へ変わりました。毛糸の色も数色ある中から、ご自分のお好きな色を選択してもらいました。

Dsc03957_2

Dsc03958

 ~皆さん集中して巻かれていました~

球根の根を各自が水で洗い、いよいよ花器に設置します。ボトルの口が小さかったので根を通すのに手こずりましたが、なんとか完成。1か月もすると、お部屋の中が甘い香りに包まれることでしょう。

Dsc03959

Dsc03960

 ~完成。毛糸のリボンがアクセントになっています~

うちだ

全員カメラマン

こんにちは。園芸クラブ、うちだです。

1月21日の園芸クラブは、前半がベルガーデンでの散歩&押し花に使う植物採集、後半が室内での押し花作りを行いました。

ところで、表題の「全員カメラマン」という意味ですが、いつもは僕が活動の様子を撮影していうるのですが、今回は利用者さんに撮ってもらうことにしました。どんな「画」が撮れているでしょうか。

Dsc03927

 ~ベルガーデンへ出発~

ベルガーデンには、ミモザやウメ、サクラなどがツボミを見せ始め、球根も地面から顔を出してきました。

Dsc03935

 ~何の木だったかな・・・~

Dsc03938

 ~手前はスイセンが咲いています~

Dsc03939

 ~こちらは何の花でしょう?ベルガーデンにはいろいろな球根が毎年顔を出します~

Dsc03949

 ~スタディ11期生が卒業の時に植えた紅梅も芽がつき始めました~

パンジー、アリッサム、アイビー、ミモザなどを採集して室内に戻ります。

Dsc03932

 ~押し花用に少し拝借~

押し花は以前にも行っているので、やり方を理解されている利用者さんが他の方に教えながら行っていました。僕はその分、撮影会の準備係です。

押し花作りも終了し、お楽しみの撮影会です。パソコンの中に自分の姿が出てくるのを見て恥ずかしがる方、自分の撮った画像が上手に撮れていて満足なそうな方など、園芸とは少し離れましたが、今回もとても楽しい活動になりました。

Dsc03942

 ~なぜか馬の置物が置いてあります~

もちろん、今回の画像は利用者さんが撮られた画像です。

CIAO

スタディコース14期 実践講座第2回

2009年1月20日

午前 :園芸実習1 冬の手入れ 講師 山先生

午後 :植物の年間栽培計画   講師 山先生 澤田代表

                 ~冬の手入れ~

「かんざらし」(天地返し)

 土の表層と深層を入れ替え、土の中で越冬している虫を強い滅させる等、土壌改良の方法です。

     

              Cimg0213

            畑に一列に並んで剣スコップで掘り返し作業中。

              Cimg0216 

共働舎からいただいたふすま(小麦を製粉するときにでる糠)を散布。まるで雪化粧 

共働舎がリースして返却されたプランターの植物を再利用。ベルガーデンの花壇に植えました。すっかり春らしくなりました

               Cimg0220

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:* 午後 *:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

               Cimg0222_2

スタデイコースのゴールであり、園芸療法のはじめの一歩である年間プログラム作成に向けて、植物の年間栽培計画を学びました。対象者に合わせて、行事やイベントを絡めながら目的達成のための植物の利用をグループで考えます。

                Cimg0225

あ~でもない、こんなのどう?とアイディアが飛び交いあっという間の三時間の講義でした。

しなふく花いちばへようこそ

こんにちは。

2009年最初の園芸サークルは、「しなふく花いちばへようこそ」と題しまして、季節の草花の寄せ植えを行いました。

Dsc03896

 ~汚い字ですいません(byうちだ)~

会場内に利用者さんが店員に扮した「さつき園芸店」「2かもめ園芸店」と2店の架空店舗を設置し、お客さん役の利用者さんと草花の受け渡しを行うことで、自ら草花を選択する楽しみ、他施設の利用者さんとの交流、などを楽しみながら感じていただくことを目的として行いました。

「店長」「アルバイト」の名札をつけた「さつき園芸店」の利用者さんは、「いらっしゃい」などの声を出してお客様を出迎えていました。かえで荘(高齢者施設)へはデリバリー店舗である「2かもめ園芸店」が草花を乗せた台車をおして、草花を配りにまわりました。

選んだ草花(パンジー、プリムラ・メラコイデス、スイート・アリサッム)を横長のプランターに植えて完成です。寄せ植えの作業は過去に何度も行っているので、みなさん手慣れたものです。戸惑っている方には他の利用者さんが手伝って行うなどの気遣いも見られます。

Dsc03883

Dsc03884_2

 ~2人で協力して植えます~

活動の最後には、屋上に咲いていた花を使って、ラッピングしたヨーグルトカップに花活けを行いました。

Dsc03889

Dsc03893

 ~部屋や自宅に持ち帰って飾ってください~

本日植えたプランターは全部で15個。冬の間寂しくなっている屋上が、少しだけ華やかになりました。

うちだ

スタディコース14期 実践講座第1回

1月13日(火) 

午前 活動のリスクマネージメント

午後 植物の年間栽培計画

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。     

            Cimg0207_2

  新年なので代表のお写真を貼ってみました。お正月に肩にケガをされ鬼っぷりがイマイ  チ発揮出来ません。皆さん快復をお祈りくださいませ。

さて...1月13日にスタディーコース14期生、実践講座講座がスタートしました。

午前中はリスクマネージメントの講義。その中でイラストに描かれた危険を探したのですが、自分だけでは気付かないことも多く、グループで話し合うことの重要性を感じました。

午後は植物の年間栽培計画...スタディコースを卒業された方はご存知だと思いますが、実践講座終了までに年間プログラムを立てるという課題が出されました...。

月1の活動を想定したとしてもプログラムは12回分

毎週の活動を想定すると...なかなか辛い課題です。

課題説明をする澤田代表はニコニコと穏やかな口調でなかなか恐ろしいことを仰います。ケガはあんまり関係なかったようです...

14期生の皆さん、残り9回になった講座なんとか頑張って、みんな揃って修了しましょう

おかゆ、いただきました!!

1月10日の中延特養老人ホーム、今年最初の園芸サークルは以下の内容で行いました。

  1. 冬野菜の収穫
  2. ワラボッチ作り
  3. お粥の試食

9月に種をまいた、ダイコンやニンジンなど、プランター作りのため若干小ぶりではありましたが、4種類の野菜を収穫することができました。

Dsc03853_2

 ~小ぶりなニンジンたち~

次に、稲ワラを使ってのワラボッチ作りです。「ワラボッチって何?」という方も多いかと思いますが、畑や田んぼなどで見かける、アレです。(といっても僕もよくわかりません)

稲ワラを少量ずつ赤い紐の間に挟み、紐を交差する。この作業を繰り返します。最後に紐通しを結び、上部をワイヤーや紐などでしっかりと結び、はみ出している部分を折り返して完成です。寂しい冬のベランダが若干にぎやかになりました。

Dsc03861

 ~ほとんどの方が、ご自分で作業をされていました~

Dsc03863_2

 ~完成、赤い紐がアクセントになっています~

Dsc03871 

 ~懐かしい風景???(僕にはとても新鮮ですが)~

頑張って作業をした後は、おかゆを食べて温まりましょう。自分たちで作った、お米と野菜を使った冬野菜がゆの味は格別。お昼ご飯前だというのに、みなさん完食されました。七草には若干足りませんが、これで今年1年も健康に楽しく過ごせますように。

Dsc03869

 ~本当に美味しかったです~

うちだ

冬野菜の収穫とトントン相撲

明けましておめでとうございます。

2009年、最初の園芸クラブは、冬野菜の収穫から始まりました。

野菜は、前回の活動で収穫・試食の予定でしたが、あいにくの雨だったので試食分だけ収穫して、残りを本日収穫しました。

今年はダイコンが大豊作。30cmを超えるものが、10数本出来ました。

Dsc03820

 ~畝から10cm以上も、顔を出していました~

ブロッコリーも直径20cm程度のものが2つ取れました。

Dsc03822

ブロッコリーは残して、それ以外の場所を天地返しして、春に備えます。

Dsc03837

 ~大豊作。真ん中の赤い野菜は、二十日ダイコンです~

そのあとは室内に戻って、イネを使ったトントン相撲遊びで楽しみました。

秋に収穫したイネの残りを束ねて輪ゴムで縛り、お相撲さんの絵を描いた画用紙を付けて完成です。

Dsc03840

 ~初場所、開始~

勝負が決まるたびに大笑い。笑い声は隣の部屋まで響いていたようです。

Dsc03841

 ~本日の大横綱です。強かった!~

Dsc03842

 ~取り忘れた二十日ダイコンです~

Ciao

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »