« スタディコース14期 基礎講座第9回 | トップページ | スタディコース14期 基礎講座第11回 »

スタディコース14期 基礎講座第10回

7月1日(火)   のち 

  • 午前 園芸療法概論8-記録と評価、夏の課題説明
  • 午後 クラフト加工実習1-ドライ、押し花、フラワーアレンジメント

 ベルガーデンの草花や畑の野菜苗がのびのびと育っています。スタディの行われた火曜日は4週連続の晴れ。雑草とりもしたいけれど、今日は1日中会議室での講義と実習です。

 午前は共働舎の萩原達也さんによる、「記録と評価」の講義です。これから実習や実践を重ねてゆくうえで、とても重要なことです。「記録」は何のためにという意味や、様式、あり方について。「評価」は何のために、方法、結果評価について。など、経験に基づいた講義をしていただきました。

 後半は澤田代表による「夏の課題」の説明です。これは、スタディ基礎コースの総まとめとなります。実践現場で各自実習をさせていただき、そして、プログラムの立案をします。園芸療法実践のシュミレーションとして、8月26日、皆さんに発表していただきます。

 午後はクラフト加工実習です。園芸療法実践の室内でできる作業の一つです。皆さんと育てた植物などをドライフラワーや押し花にしておくと、クラフトに活用できますね。

Dscn5040

講師はスタディ11期生の高橋清美さんです。

品川総合福祉センターやいずみ苑などで園芸療法の実践を積んでいらっしゃいます。

本日は「クラフト作業に有効な材料・道具と作品作りのコツ」について実習してくださ いました。

製作するのは「ドライフラワーと押し花で作るウェルカムボード」と「季節のお花でおもてなしのフラワーアレンジメント」です。

たくさんの道具と材料をご用意くださり、サンプルを使って分かりやすく説明していただきました。 どんな風に、どの材料を、誰にさし上げようかしら、・・悩みます

Dscn5032

        とっても素敵にできました。       (*^_^*)

Dscn5043_2

Dscn5045_3

« スタディコース14期 基礎講座第9回 | トップページ | スタディコース14期 基礎講座第11回 »

スタディコース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタディコース14期 基礎講座第10回:

« スタディコース14期 基礎講座第9回 | トップページ | スタディコース14期 基礎講座第11回 »