第22期園芸療法スタディ基礎コース 14回

2016年 8月 2日(火)

○○ 午前 ○○

園芸実習10-土の再生

講師:山 浩美先生(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

園芸基礎コース最終日

未明の雷、大雨もあがり・・・・

屋上庭園のポイント

・土の種類と量を考慮し、人工軽量土壌を使用

・風対策、水やりに注意!

古土の改善方法

腐葉土等を加え通気性、排水性を改善。

熱湯や日光で殺菌消毒等

実習  生ゴミから堆肥を作る

① 持ち寄った生ゴミ(柑橘系の皮や玉葱の皮はNG)

を細かく切って、米ぬかをまぶす。

② 牛乳パックに古土を1/4入れ、①の生ごみを入れ

すき間に古土を詰め、きっちりふたをしてガムテープで止めます。

③ 夏は1か月、冬は2~3か月日陰に置いて熟成させます。

出来た堆肥は古土に混ぜて1~2か月置いてから使います。

畑で・・・・

・先週播いた人参 発芽しました!

とりあえず除草!

・ミニトマト、インゲン、バジルの収穫

9月からは、全員『園芸応用・実践コース』に進みます。

記:向井

○○ 午後 ○○

社会福祉関連講座1-ボランティア論

講師:枝見太朗先生(財団法人富士福祉事業団 理事長)

枝見先生は様々な分野に渡ってたくさんの引き出しをお持ちで、
今日はどの箱を引っ張ってどんなお話しをしてくださるのか・・と、
私はスタッフという立場を忘れ
誰よりもワクワクしながら座っていたかもしれません。

私たちが知っているようで実はよく知らない
もしくは知った気になって勘違いしている
そんな「ボランティア」について、
その時その時の社会の話題や出来事を自在に取り入れ、
わかりやすくお話してくださる講義にグッと引き込まれた3時間でした。

「すべては自分が、どう決めて、どう動くのか。」
ボランティア活動の5原則、しっかりと身に着けたいですね。

たしか昨年のこの日記にも書いた記憶があります。

ボランティアとは、余った時間や余ったお金を使うことではない。
私の大切な時間、大切なものを、「誰かとシェアする」ということ。

「愛」の反対は「憎しみ」ではない。
「愛」の反対は「無関心」。

こんなに素晴らしく、そして大切なことを学ばせてくださった枝見先生と、
枝見先生を通して語りかけてくださったマザー・テレサに感謝。

記:田渕

第22期園芸療法スタディ基礎コース 13回

2016年7月26日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習9-「屋上やベランダの植物管理」

講師: 山 浩美先生(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

未だ梅雨明けせず。

実習

畑で・・・

まずは、除草から!

Img_5148

・にんじん(黒田五寸)追い播きしました。

Img_5152

・バジル苗植えました。

Img_5156

・つるなし、つるありインゲン、ミニトマト収穫しました。

Img_5156_2


Img_5155

ベランダ園芸の注意点

夏の強い光1と高温

風対策

乾燥防止

屋上庭園については、次回・・・・

記:向井

第22期園芸療法スタディ基礎コース 12回

2016年7月19日(火)

療法コース

共働舎施設実習2-『夏野菜の収穫パーティー』

今日は共働舎実習

5月から一緒に畑で野菜を育ててきました。

 その集大成として、育った野菜を収穫し、

 収穫パーティをしました。

 各班、みんなで作れるメニューが出揃いました。

 収穫の仕方、畑の片付け、

 野菜を洗い、料理をする。

共働舎で働くメンバーさんにとって、この活動は

 どんな活動になればいいのか?

 そしてお一人お一人にとっての目的は?

次に繋がる活動の集大成です。

 今回はリーダーを決め、進行もスタディ生が行いました。

 ベルガーデンの木陰にテーブルを拡げて、ピクニックのよう。

 暑い中、作った料理に笑顔が広がります。

 さて、満足感、達成感が得られたでしょうか?

 思い描いたように進めたでしょうか?

 9月にまたタネを蒔くのを楽しみにしてます・・

と、言ってくれたメンバーさんもいて、

次に繋がりましたね。

 スタディ生のみなさん、お疲れ様でした。  

Img_5140


記:山田

 

 

 

 

 

 

第22期園芸療法コース 11回

2016年7月12日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習8-「夏の植物管理・じゃがいも収穫パーティー」

講師: 山 浩美先生(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

夏の植物管理

厳しい環境を乗り越える為に・・・

・水やり(早朝か夕方に)

・除草

・花ガラ取り、切戻し

Img_5117

Img_5119

21期生が3月に植えつけ、管理を引き継いだジャガイモの収穫です。

Img_5123

ジャガイモの跡に、人参(ベターリッチ)の種をすじ播きしました。

Img_5121

つるなしインゲンの収穫

じゃがいも収穫パーティー

Img_5132

21期生2名が準備の手伝いをして下さり、

ベルガーデンの桜の樹の下、持ち寄った料理が並ぶ

豪華なテーブルを囲み、交流のひとときを過ごしました。

Img_5128


Img_5127


Img_5129


Img_5130


記: 向井

 

第22期園芸療法スタディコース 10回

201675日(火)晴れ

 

○○ 午 前 ○○

 クラフト加工実習1-「ドライ、押し花、フラワーアレンジメント」

 講師: 田渕 清美先生

     (アトリエcloverJHTS園芸療法コーディネーター)

 

 植物を育てることは、人の生活を豊かにします。

 さらに種まきから育てたものを、作品作りに使うと

 モチベーションは上がります。

 その効果を知っていることが大切です。

Img_5101

 この日は植物を楽しむことを学びました。

 フラワーアレンジメント、押し花、クラフトの

 基本を学び、それぞれのオリジナル作品を作りました。

 

 講師の田渕さんは、高齢者、障がい者、フリースクールでも

 園芸療法プログラムを実践しています。

 

 実際の活動の話を交えながらの説明は

 わかりやすく。

 初体験の方も最初は戸惑っていましたが、

 自分の作品を前に笑顔と歓声で盛り上がっている様子でした。

Img_5113

 楽しむことが一番、そして気付いてほしいことは

 自分が働きかける側になった場合は?

 今日の実習にはそんなヒントがいっぱいあったかと思います。

Img_5102


Img_5107


 

 

 ○○ 午 後 ○○

 園芸療法概論6-「記録の書き方、評価の仕方・夏休みの課題説明」

 講師: 萩原 達也先生((社福)開く会 共働舎施設長)  

     澤田 みどり先生

 

 共働舎で施設長をされている萩原さんから

 記録の大切さを学びました。 福祉の現場は、

 近年ますます記録が重要視されてきていることを

 話してくださいました。

Img_5114

 これは、医療でも教育でも同様で、

 どこの現場であっても

 支援として活動する私たちにも

 自分が関わったことを、的確に記録に残し、

 意味ある情報として

 今後に繋げていくスキルが必要になってきています。

 

 スタディでは実習に記録は必須になっています。

 大変だとは思いますが、まずは書いてみることです。

 頑張ってくださいね。  

 記:山田

 

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 9回

2016年 628日(火)

○○ 午  前 ○○

園芸実習7-「栄養繁殖(挿し木・株分け)」

講師: 山 浩美先生(㈲山×高瀬計画室 代表取締役・恵泉女学園大学 非常勤講師)

植物を増やすには、タネをまく有性繁殖と、

さし木(芽)株分け等で増やす無性繁殖があります。

Img_5070

梅雨真っ只中、小雨中 ベルガーデンの桜の木の下、

雨除けしながらの実習です。

実習 挿し木(芽)

① 挿し穂作り

 

   今年伸びた枝を切り(切り口はスパッと)

   葉を2~3枚残して、下の葉を取り除き、

   残した葉も1/2~1/3に調整し、給水させます。

Img_5069
② 穴をあけたペットボトルに、バーミキュライトと

   赤玉小粒を半々に混ぜ、さし床を作り、割りばしで開けた穴に、

   挿し穂の切り口をつぶさないように挿します。

Img_5081
③ たっぷり水をやり、日蔭で管理します。

Img_5085_2
畑で・・・

・ミニトマト・芽欠き・誘引しました。

Img_5076
・つるなしインゲンの収穫

記: 向井

 

○○ 午 後 ○○

 

5月より施設などで 実際に園芸プログラムを

支援として行う実習が始まっています。

今回は、スタディ生どおしで、クライアントと

セラピストに分かれて、ロールプレイを行いました。

Img_5100

内容は季節に合わせた、ハーブの挿し穂とコスモスの種まき。

 ロールプレイは入門講座でも行われているものですが、

この時期だからこそより実践的な気付きがあると思います。

みなさん、真剣に考え、工夫をされている様子・・・

Img_5097_2

説明の仕方?道具の使い方?などなど

そして、内容はどうだったのかを振り返ることも大切です。

今後に繋がる時間になったでしょうか?

記:山田

第22期園芸慮法スタディーコース 8回目

2016621日(火)

 

 

○○午 前○○

 

園芸実習6-ハーブ栽培とその利用

 

講師: 鈴木 悦子先生

(ジャパンハーブソサエティ理事 東京支部長

 NPO日本コミュニティーガーデン協会理事・当会理事) 

 

 

 今回の講師はスタディ6期生、当会理事でもあり

 

ジャパンハーブソサイティ 東京支部長の鈴木悦子さんです。

 

 

Img_5065

基本のハーブを学びました。

 

ハーブは育てやすいものが多く、香りも様々。

 

芸療法プログラムとして栽培から収穫、

 

収穫物を使った作品作りと、魅力ある

 

活動になります。

 

 

実際のハーブを用紙に貼りつけて、

ハーブの標本を作りました。

 

 

 

また、ミツロウとホホバオイルを使った

 

練り香作りが実習でした。

 

ペパーミントとローズマリーのブレンド。

 

 (虫よけにも効力があります)

 

ラベンダーとオレンジ、ローズゼラニウムを

 

ブレンドした香りの2種から好みのものを作りました。

 

 

部屋いっぱいに、いい香りがする楽しい時間になりました。 

記:山田

○○ 午 後 ○○

園芸療法概論4-道具の工夫と環境整備

 

講師: 深町 康志先生

 

Img_5067_2

園芸療法プログラムを実施する際の準備において、

 

とても大切な要素となるのが「場づくり」です。

 

対象となる方の状態や目的に合わせて、

 

植物を選び、作業や道具を選びます。

 

そして安全に園芸作業ができる環境を整えることも必要です。

 

 

 

身近にあるものを代用したり、ひと工夫加えたりして、

 

対象者が安全に楽しく園芸作業を行える道具の準備 は、

 

私たちの腕の見せ所のひとつかもしれません。

 

 

 

様々な道具のサンプルや、

 

園芸療法が実践されている国内外のガーデン、

 

また、JHTSが行っている東北支援プロジェクトでの庭造りの様子など、

 

深町先生の実践のお話しとともに

今後に役立つヒントをたくさんいただきました。

記: T

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 7回目

2016年 6月14日(火)

○○ 午 前 ○○

園芸実習5-「花壇設計2(実際の花壇の植え付け)」

講師:山 浩美先生

   (㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

ベルガーデンを夏仕様の花壇に植え替えました。

Img_5042

共働舎さんの花苗

サルビア・サルビアコッキネア・インパチェンス

ベゴニア・アゲラタム・ジニア・ペンタス使用

Img_5045
畑で・・・

ミニトマト、芽吹きをして支柱を立てました。

Img_5048

バケツ稲の田植え

苗を4~5本 ひとつに纏め、深さ20cmに

植え付けました

Img_5059


記:向井

○○ 午後 ○○

療法コース

園芸療法概論3-『園芸療法における植物の選択』

講師: 山 浩美先生

    澤田 みどり先生

Img_5062

園芸療法を行うためには園芸の楽しさはもちろんですが、

 たくさんの植物を知っていることが強みになります。

 特徴、咲く季節、咲く時間、育て方・・・知っておくと

 相手に合わせて、植物を選ぶことができます。

 

 園芸コースの講師の山浩美先生には園芸の視点で

 

澤田みどり先生には園芸療法の経験を実例を

 織り交ぜて、アドバイス、コメントいただきました。

 みんなの知識を集めると、たくさんの植物の名前が出てきました。

 

1年でどんどん増やしたいですね。

記:山田

 

  

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 6回目

2016年 6月7日(火)

○○ 1日 ○○

共働舎実習1-「夏野菜を一緒に育てよう!」

講師:萩原 達也先生(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

   澤田 みどり先生

私たちのスタディコースの会場としても、使わせていただいている共働舎。

ここに通うメンバーさんとの実習1回目でした。

Img_5021

テーマは「夏野菜を育てて、収穫パーティをしよう!!」

今日は1年間の実習の班が発表され、施設長の萩原さんから事前情報をいただきました。

Img_5023

午後は一緒に畑を耕し、タネ蒔き、 野菜苗を植えます。

午前中は班ごとにそのための打ち合わせ準備をしました。

どのように説明する?何を準備する?

目の当たりにすると、不安がいっぱい。 

障がいを持つ方と初めて関わる方も多く、

緊張していたスタディ生も作業が始まると

メンバーさんと一緒に笑っていました。

Img_5040_2
多くの気付きがあったようです。

これから7月の収穫パーティに向かって

毎回関わりを積み重ねることになります。

 

今日は一日お疲れ様でした。 記:山田

 

 

 

 

 

第22期園芸療法スタディ基礎コース 5回目

2016年 5月24日(火)sun

○○ 午前 ○○

園芸コース

園芸実習4-『病害虫駆除』

講師:山 浩美先生

(㈲山×高瀬計画室 代表取締役社長・恵泉女学園大学非常勤講師・当会顧問)

連日の夏日sunsunsweat01

病気と害虫は予防が大切!

通風と日照、清潔な土を使用、

花がらをまめに取る事が大事

Img_4991


実習

①ベルガーデンの桜の木に薬剤散布(スミチオン1000倍希釈)

  を噴霧しました。

Img_4993

②サツマイモの苗を植えました。

  畝は3~40cm高め、茎は地面に斜めに

  葉は地上に。

Img_4999


③サトイモを植えました。

  深さ15cm、、50cm間隔、間に腐葉土、苦土石灰、鶏糞を入れました。

Img_5003


④つるありインゲン 点播きしました。

 5/10に播いたつるなしインゲン

Img_5001

⑤ ゴボウ(サラダむすめ)すじ播きしました。

Img_5006⑥5/17に播いたイネ

Img_5009

記:向井

○○ 午後 ○○

療法コース

園芸療法実践講座2-『知的障がい者の福祉と園芸療法・アセスメントについて』

講師: 萩原 達也氏(社会福祉法人開く会 共働舎 施設長)

Img_5011

 4月から学び2カ月、園芸療法の基礎を学びつつ、

並行して実習が始まります。

共働舎の施設長である萩原さんから、

知的障害、発達障害を持つ方々の特徴を教えていただきました。

支援として関わるためには

体の動き、巧緻性、理解度、性格、社会性などなど

まずはその方を理解すること、アセスメントが大切です。 

 

 スタディコースは共働舎の会議室をお借りしていて、

ここに通ってくるメンバーさんの職場です。

健常者も障害者も共に働くという共働舎の理念を

実感できるこの環境での実習は、

実り多いものになるにちがいありません。

次回から班ごとにメンバーさんと、タネを蒔き、野菜を育てます。

相手を知るために、共に作業する1回目、楽しみですね。  

記:山田




«第22期園芸療法スタディ基礎コース 4回目